ゆとのプロフィールはコチラ

転職して1ヶ月や2ヶ月で退職しても影響を出さないたった1つの方法

転職して1ヶや2ヶ月で退職しても影響を出さないたった1つの方法 複業/キャリア
PR
PR

転職して1ヶ月や2ヶ月だけどもう辞めたい…会社に行きたくない… 会社が嫌だ。色々な理由はあると思うのですが、短期間での退職になってしまうと、その後が不安になりますよね。

実際、攻め方を少し間違えてしまうと、大きな影響が出てしまう可能性ももちろんあります。ですが、正直なことを伝えても「伝え方」一つでも印象は大きく変わります。

今回は転職してすぐ、1ヶ月や2ヶ月で退職をしてもその後に大きく影響を与えないたった一つの方法をご紹介します。

きっと会社ですでになんらかのストレスがかかっている状態ですよね。もしすでに心や体にSOSが出ているようでしたら、まずはこちらの記事からご覧いただけると幸いです。

関連記事:【辞めて全然OK】試用期間だけど退職したい!行きたくないときは辞めていい理由

体が資本というのは本当で、健康が第一です。体や心を壊してまでやるべき仕事なんてありませんからね。

では早速みていきましょう。

PR
PR

転職して1ヶ月や2ヶ月で退職しても影響を出さないたった1つの方法

冒頭に半分ネタバレをしていますが、結論から申し上げるとその方法とは、「伝え方を工夫すること」です。

工夫することであって、事実を捻じ曲げる訳ではないですからね。

辞めたい理由には色々な理由があると思いますが、以下でOKですよ。

自分の価値観とどうしても合わなかったから

これ、ものすごい万能ですよ。まだ、半信半疑かなと思うので、ここからはその理由を解説していきます。

「価値観と合わない」が転職してすぐ辞めた理由として最強なワケ

「価値観が合わない」が転職してすぐ辞めた理由として最強というのがわたしの経験に基づく持論なのですが、その理由は大きく3つあります。

その1. 辞める会社の人も止めにくくなるから

程度の大小はあるにせよ、転職した会社を辞めたいというには何か許せないことがあるのではないでしょうか。

その内容はもちろん人によって違うので、改めてご自身で整理しましょう。

例としてわたしの例を出すと、

  • 売上至上主義な文化で、お客様を半分騙すような形で自社の利益を最大化させようとすること
  • 売上が上がることが人の幸せに本当に繋がってるのか?と腑に落ちない事業なこと

こんなところに気付きました。多分これ自体に当てはまる人は多くはないと思います。

でもその嫌だということで挙げたあなたなりの理由が、その会社をまさに表しているとするならば…会社は止めようがないですよね?

だって、それが事実としてあり、それを受け入れられないのだから。

すぐ辞めること自体に罪悪感を持ってるとしたら、それは払拭してOKですよ。

この「価値観」について深ぼることが、どう進んでいくかの指針になるはずです。

その2. 自分の大切にしたいことに気づけるから

辞めるに至った理由で導かれた内容を、言語化して整理してみましょう。

それが実はそのまま、前回の転職時には気付いていなかった、実は自分の中で優先度の高い大切にしたいことなのです。

わたしの場合は、失敗した転職の時には職種しかほぼ考えてませんでした。転職してはじめて、こんなにも理念とかお客様第一かとかを大切にしたい自分がいることに気付いたんですね。

ちなみになぜその前に気付かなかったかと言うと、前職ではそれが当たり前の文化だったのです。

理念や文化が実はぴったりだぅたからこそ、気付かなかったというカラクリです。

わたしの場合は理念やミッション、お客様への価値みたいなところが思った以上に自分の中の優先度が高かったという話ですが、それが良いというわけでももちろんありません。

具体的に何をしているかとか、業界かもしれません。そんなことではなく、残業や休日の話かもしれないです。

でも、その大切にしたいことがわかり整理された状態になれば、これからはそれを大切にするしかありませんよね。

この辛い経験からわかった実は大切にしたいことをしっかりと心に刻み込みましょう。

その3. 次の会社の志望理由にそのまま当てはまるから

そして、その見つかった価値観というのはそのまま次の転職活動をする際の志望動機になります。

別に会社ごとに変える必要もないんです。転職活動ではよく、辞めた理由とか転職を考えた理由を聞きますよね。その目的はざっくりと分けると2つあります。

1つは、この人は転職してすぐ辞めちゃわないかな?ということ、2つめは、この人はどんな考えを持って行動する人なのかな?ということ。

転職理由をきかれたとき、全てを正直に「その1」「その2」で整理したことをお答えしましょう。

つまり、

  • こういう部分が自分の価値観とどうしても合わずに辞めるに至った
  • だから次はこういう企業をさがしている
  • その基準で考えた時に貴社が合うのではないかと感じて応募した

もちろん肉付けは必要ですが、このロジックで十分です。

これで落ちる企業であれば、きっとあなたの価値観に合わないということです。全てを正直に話した上で、受け入れてくれる企業を探しましょう。

転職して1ヶ月などで辞めた理由を整理する方法

自分の価値観を改めて見つけたり、得意や苦手を改めて整理することが次の一歩に繋がります。

ここからは、そのお手伝いになる書籍やサービスをご紹介します。

オススメ書籍!人生の勝算

まずオススメなのが、SHOWROOMの社長で有名な前田祐二さんの著書『人生の勝算』です。

ものすごい意識の高い書籍と思われがちですし、確かにそうなのですが…自分の価値観を知って、それを大切にして突き進もう!というのがメインメッセージです。

(少なくともわたしはそう感じました)

例えば前田さんのお兄さんは、家族ファーストを徹底しているなど、前田さん自身と全く異なる思考をお持ちの方のようです。

前田さんはそんなお兄さんのことをとても尊敬しているとのこです。それはなぜかというと、自分の価値観をよく理解しているからです。

『自分の人生を振り返って、本当に大切な事を見つめ直す』その大切さに気付いたり、きっかけになる書籍となるはずです。

求人を紹介しないキャリア相談「そうだんドットミー」

こちらは2018年9月から始まった比較的新しいサービスなのですが、自分の価値観を整理するにはもってこいのサービスです。

なぜなら、そうだんドットミーはオンラインキャリア相談なのですが、「一切求人を紹介しない」のです。

リクルートキャリア出身の方が起業していることもあり(?)、ものすごい勢いで賛同者が集まり、そうだん相手となるアドバイザーがものすごい面々ですよ。

もちろんここにもものすごい起業家とか意識高い系も多いのですが、ワークライフバランスとか、そもそも迷走して悩んでいる…とか、いろんなニーズに合わせた方がそうだん相手になってくれる仕組みになっています

もうすこしだけ仕組みについて触れておきますね。

転職エージェントは転職先の企業の採用の悩みを解決したという事で、転職先から報酬をもらうので相談者は無料で使えるのです。

ですが、そうだんドットミーは相談者の悩みを解決するため、相談者自身が報酬を支払う仕組みなのです。

ということでちょっと高めの飲み会くらいの料金はかかってしまうのですが、尊敬できる先輩と飲みに行ったような気持ちで使えば、間違いなく今まで見えなかったことが見えるようになるはずです。

転職エージェントは、こういった根本の部分の悩みが解消された状態でうまく活用するのが吉ですよ。

転職サイトとしてだけが利用方法でははない「リクナビネクスト」

最後に1番お気軽なお役立ちサービスなのですが、これは意外かもしれません。

転職サイトとして有名なリクナビネクストには、グッドポイント診断というサービスがあります。

これが、自分の価値観や強み弱みを知る上でものすごく有効なんですね。簡単な質問にたくさん答えることで導き出されるので、イメージ的には適性検査ですね。

その結果を自分で確認することができるので、意外なところや確かにと思うところ、いろんな結果が見えてきます。

友人や家族に「こんな結果が出てるのだけど、どう?」と周りの人と話してみるのもより良い方法ですよ。

まとめ

こんな感じで、いろんな方法で自分を根本から理解しようと努めましょう。

そして方向性が定まった段階で、本格的に転職活動をスタートするというわけです。辞める理由も、志望理由も、自分自身とどれだけ向き合ったかで深みが変わります。

1ヶ月や2ヶ月で辞めたからって落ち込む必要もございませんからね。

ぜひ前向きに、トライしていきましょう。

では。