ProgateとUdemyは実は比較すべきではない3つの理由

プログラミング
PR
PR

プログラミングの勉強を始めようかな?と思ったときに出てくる教材の候補で、ProgateやUdemy、ドットインストールなどがweb上の教材で有名ですよね。でも、どれでやったら良いのだろうか…と、悩みますよね。

本記事はまさにそんな方向けに、ProgateとUdemyを比べるというのは実はナンセンスだという話をお伝えします。

本記事を読むことで、ProgateとUdemyそれぞれについて、どんな風に取り組んでいくか良いかの判断軸がつきます

記事の信頼性としては、Progateは有料3ヵ月間、Udemyでもいくつかの講座を購入して取り組んでいるのである程度あるかと思っています。

では早速見ていきましょう。

PR

ProgateとUdemyは実は比較すべきではない3つの理由

1. 学習できるレベルの範囲が違うから

第1の理由としては、そもそも対象としているレベルが一致はしていないという話ですね。Progateは未経験向け特化型で、Udemyは未経験から初中級者以上向けまで、幅広く対応しています。

完全未経験者の場合にはProgateとUdemyどちらで始めるかの議論は出てきそうですが、Progateを敢えて避けてUdemyだけをやるというのはおすすめしませんね。

よほどProgateのデザイントーンや会社が嫌いとか強いものがない限り、完全未経験者ならProgateからのスタートで間違い無いでしょう。

それくらい、Progateは入門者に特化しています。

2. 学習スタイルが全然違うから

第2の理由としては、ProgateとUdemyは学習の手段・方法が全く異なります。

しっかりとその観点で比較するのであれば良いのですが、多くの方は学習できる内容とか、ふわっと「わかりやすい」とかで判断してしまいます。 (さらに言うとネット上にある多くの記事もそうです)

どう学習スタイルが違うかと言うと、Progateはスライドでインプットして即アウトプット、Udemyは動画講義なのでほぼインプットです。はい、全く違いますよね。

そして、完全未経験のプログラミング初心者には、アウトプット中心の方が圧倒的に良いのです

理由としては色々あるのですが、プログラミングにはある種スポーツに似た部分がございまして、いかに慣れるかと言う点が少なからずあるからなんです

なので多くの人は初めて動画を見ても、「わかりやすいし、わかった気がする」で止まってしまうんですよね。

もちろん動画を見てインプットをした後に、必ずご自分のPCでアウトプットする習慣をつけられるような方は全く問題ございません。

でも、少なくとも私は無理でした。で、動画見まくって理解した気にだけなって挫折してました。笑

おそらく私と同じタイプが多数派なのではないでしょうか。

確かになあと思った方は、まずはProgateから始めるでなんの問題もないでしょう。

3. Progateは教材、Udemyはプラットフォームだから

そしてさらにいうと、と言うのがこの第3の理由です。そもそも、Progateは教材であり、コンテンツです。そしてUdemyはあくまでプラットフォームなんですよね。

なので、比較をする場合にはProgateとUdemyの〇〇講座とすべきです。

でもUdemyの講座の多くは、ビジネスマン向け(エンジニアにならない人)のさらっと全体像を伝えるタイプ、もしくは初歩からじっくりとフルで学べるような講座が多いイメージです。

つまり、Progateと並列に並ぶべきコンテンツは滅多にないのでは?と言うのが見解です。フルで学べるような講座の定価は主に1万円を超えるようなものばかりですので、月額980円のProgateと並べるのもちょっとナンセンスだと思います。

もっと言うならば、Progateは隙間時間で取り組むだけでも最長3ヶ月で必要な部分は網羅できます

併用もしくはProgateの次にUdemyに取り組むのがおすすめ

Udemyで気になる講座があるのであれば、Progateの次に取り組むか、もしくは併用して取り組むことがオススメです

併用の場合には、まずProgateの予習または復習に利用しつつ、アウトプットの習慣をつけます。

Progateの学習範囲を超えた後はUdemyでインプット、そして自身のPCでしっかりとアウトプットをするんです。

ポイントは必ずアウトプットまで行いましょうということです。

ただしこの使い方でのUdemy講座はオススメですが、Progateの次の教材という観点であれば各言語で比較すべき教材が必ずあるはずです。

私はRailsをメインに学んでいたので、無料のRailsチュートリアルに取り組んでいました。ですが、動画のわかりやすさはもちろんないですし、説明をしっかり受けたい方にはなかなか厳しい教材ですね。

まとめ

Progateはまず触れてみて、Udemyをどう使うかはそれから考えましょうというのが私の考えですね。

いかがでしたでしょうか。

完全未経験ならまずはProgateをやりきって、プログラミング学習の入り口を目指しましょう。

では。