【完全ガイド】2018年話題のQRコード決済アプリ総まとめ&これから話題になるトピックを先取りでご紹介。

キャッシュレス
PR
PR

いろいろなQRコード決済アプリが世の中にインパクトを与えた2018年末。2019年は、一気に日本中にQRコード決済が普及するとなる可能性は大いにあります。

先行者優位とはまさにこのことで、普及期のサービスをうまく使いこなせば使いこなすほど、サービスの恩恵を受けることができるのです。

本記事では2018年話題になったPayPayやLINE Payはもちろん、その他いくつかのQRコード決済アプリや周辺サービスをご紹介しています。

本記事を読むことで、話題のQRコード決済への理解を深めることができます。そして、間違いなく今後来る波に乗り遅れることなく、お得さを享受できることでしょう。

PR
PR

LINE Pay

LINE Payの特徴としてはなんといっても、友人とつながっているということです。友人間の飲み会であったり旅行代の支払いなど、よくある友人間のやりとりで使えるとかなり便利ですね。

個人的には送金専用として使っていPaymoがLINEでつながっていない方とも割り勘ができて便利だったのですが、なかなか普及しなくてサービス終了してしまいましたね。

LINE Payが友人登録していない人との送金・割り勘も対応してカバーしてほしいところです。

PayPay

PayPayはソフトバンクとヤフーが作った合弁会社「PayPay」が運営しているサービスですね。最近では200億円使っての大規模なキャンペーンが印象的でしたね。

話題性をとるところもソフトバンクらしく、しっかり障害を出しまくって賛否両論になるのもソフトバンクらしく感じました。

PayPayの特徴としては、頑張ってヤフーの既存システムと繋げようとしている分、若干の使いにくさが裏側にはあって、ちょっと設定がしにくいところがあるかもしれません。

ですが、ユーザーがお買い物をする時に利用する機能的にはとても使いやすく、利用した時の快感は一番あるかもしれません。

どのQRコード決済が流行るかというカギは私は営業力かなと思っていたのですが、資金力で覇権を勝ち取る可能性も十分にありそうですね。

まだTポイントが貯まる、までの連携はなかったはずなので、今後に期待ですね。ポイント的な観点でいうとLINE Payや楽天Payの方が強そうな印象ではあります。

あとポイントとしては、海外系ですね。どうやらPayPay対応店では中国のアリペイが利用できるらいしです。

でも、まだ逆は対応していないようですね。対応したら、中国旅行用専用にでもPayPayを使い始めた方が良いレベルのサービスになります。なぜなら中国は屋台ですらQRコード支払いが普及しているくらいの、キャッシュレス国家だからです。

楽天Pay

楽天の強さと言えばやっぱり楽天ポイントですよね。上述のPayPayはTポイントが現状関係ないような感じですが、楽天の方はがっつりと楽天ポイントが貯まります。

キャンペーンはPayPayやLINEに先ほ越されているような形になっておりますが、キャンペーンは本来楽天の得意分野ではあるはずですよね。

2019年始あたり、大きなことを始めるかもしれませんね。

楽天Payと後述するOrigami Payの特徴としては、そのアプリが使える周辺のお店が探せるような形になっています。また、クーポンなどを発行してたりもします。

ただ、楽天Payを見てからお店を探すのか?という気もするのでそこまでのメリットではないでしょう。

Origami Pay

Origami Payはこの中で唯一のベンチャー企業です。どうしてもPRや営業にかけられる体力が圧倒的に低いのですが、アプリの使いやすさは個人的に一番だと思っています。

QRコード決済普及期は広告費や人件費をかけた営業で勝負が分かれてしまう気がするからOrigami Payもなかなか厳しいのでは?というのが正直な見解だったのですが、さすがはOrigami Payさん。

〇〇Payという形で裏側のシステムでOrigami Payが使われるような技術(サービス)で生き残りをかけるような動きを始めました。

これはOrigami Payではないのですがわかりやすい例として、スターバックスアプリがバーコード決済できるのご存知ですか?まさにこれです。

おそらく今後、バーコード決済の規格が各社きっと揃って、どのレジでもバーコード決済ができるような未来がくると予想されます。

(というよりさすがに共通規格は作ってくれって話)

そうなった時に、Origami Payのこの戦略はかなり強いです。各コンビニ、各スーパー、大手飲食店など、今ポイントカードアプリをやっているような会社は揃ってOrigami Payを採用するような未来も見えてきます。

そうなった場合には私たちはOrigami Payというブランドは目にしないかもですが・・・

しかし、そのように裏方でいつつ何らかの形で表に出てくることも十分にありえますし、何よりOrigami Pay自体がまだ敗北している訳ではございません(笑)

裏技

実はLINE PayはできなくてPayPayや楽天Payでできる裏ワザがあります。

キーワードは、「クレジットカードでポイント二重獲得」お得になるクレジットカードと〇〇Payの紹介などを記事中でしています。

merpay

QRコード決済にはまだ参入してはないのですが、今後を考えた時にもっとも期待されているのがメルカリが作ったメルペイという会社です。

なぜ最も期待されているのかというと、キーワードは「信用」です。

メルペイはメルカリで培ったCtoCのデータなども踏まえて、中国のアリババグループが取り組んでいる信用スコアというものを本気で取りに行っているようです。

情報はまだ何も公にはなっていませんが、予想や期待を踏まえて紹介しています。

大手コンビニのQRコード決済

2018年現在、大手コンビニエンスストアですとセブンイレブン以外の2社、ローソンとファミリーマートがQRコード決済に対応しています。

どこのコンビニでも利用できるようになる未来はそう遠くないのですが、セブンイレブンがQRコード決済で本腰を入れてくるんじゃないかな?と予想していたんですよね。

実はセブンイレブン、2018年6月にアプリを大々的にアップデートをPRしており、続々機能追加予定なんか言っていたのですが、大したアプリにはなってなくて、ポイントカードとして提示するにも少しめんどくさいアプリになっています。

話それましたが、電子マネーが流行りだした時代に、セブンイレブンはnanacoをセブンイレブンの外、Suicaのように広げていくことを思いっきり失敗しているんですよね。(私の見解ですが・・・)

それもあり、QRコード決済には本腰を入れてくる可能性は高いと見ているのですが、相変わらずの動きの遅さですね。なぜコンビニコーヒーやビールの動きは早いのにデジタル関連はこうも遅いのでしょうか・・・ECサイトのようにパッとしない動きにならないと良いのですが・・・

あとはこのタイミングで作ったローソン銀行。従来の銀行業務自体への可能性は全然ないですが、決済も含めた新しい金融に本気でくる可能性は十二分にありますよね。

諸々期待ができるコンビニ業界の動きなので、ぜひチェックして見ましょう。

番外:MoneyTap

最後にこちらも番外です。Money Tapというアプリは、QRコード決済機能がつく可能性も十分にありますが、送金アプリですね。

Money Tapのすごいところは、銀行間の送金に全く手数料がかからないということです。

というのが続けば良いのですが、どうやらそのうちつくらしいですね。はじめに参画している三行以外は徐々に手数料を取っていくらしいですね。

まあそれは頷けるんですよね、現状はそういうビジネスモデルですから。

でも、銀行間の送金って本当に必要なんですかね?

今既に、LINE Payの送金手数料は無料です。

もしかすると、今後いろいろなQRコード決済アプリのお金を手数料無料でやりとりできる未来がくるかもしれませんよね。

銀行が手数料で儲ける発想でいる限り、IT系に押され続けるでしょう・・・

まとめ

いかがでしたでしょうか。いくつかは私の持論でしかない部分もありますが、おおよそ間違ってはいないかと思います。

未来はわかりませんが、1つ確実に言えることは、先行者優位です。

つまり、流行りがくる前に使いこなせば使いこなすほど、お得に利用できるってことですね。

では、素敵なキャッシュレスライフを。