Progateの無料期間や無料版はどこまで?Progate無料版でも有料版でも全制覇は無意味です。

プログラミング
PR
PR

プログラミング学習を独学で始めようかな?と思ったときに筆頭候補のProgate。なるべく費用をかけずに学びたいというのが、正直なところですよね。Progateに無料期間はあるのだろうか…無料の範囲でどのくらいできるのかな? 本記事では、そんな疑問にお答えします。

本記事を読むことでProgateの無料版と有料版の範囲の違いはもちろん、Progateを無料で使うか有料で使うか判断ができるというメリットがあります。

記事の信頼性としては、

  • 私はProgateを3ヶ月有料版を毎日使った
  • 大手通信教育教材の企画制作をしていたので、教材としての観点がある

という経験があるので、ある程度は信頼性があると思っていただければと思います。

では早速みていきましょう。

PR
PR

Progateの無料期間や無料版はどこまで?

本題から入りましょう。大切なのは、無料版と有料版の違いを講座タイトルなど表面を知るだけでなく、どこまで深く学ぶことができるかなどまで知ることです。

これにより、Progateを使うべきか、どのくらい使うべきか、その次はどんなことをやればいいのかが見えてきます。

Progateに無料期間はない

まず、Progateに無料お試し期間的なプランは用意されていません。この講座は無料、この講座は有料というスタイルです。

つまり、時間的に一気に勉強につぎ込んでも、学べる範囲が決まっているということです。

その学べるレベルは、ほとんどが言語によらない共通した根本的な考え方です。

Progate無料版の範囲について

あくまで2018年12月現在ですが、基本的には複数講義がある中の、1番入門のレッスンのみが無料になっています。

ただしProgateで1番充実しているRailsと、Javaに関しては、2つ目のレッスンまでは無料で試せます。

しかしですよ、2つめのレッスンまで行うだけでは、何者にもなれません

さらに言えば、プログラミングを本腰入れて学ぶべきかもまだ判断できないようなレベルです。

無料の範囲で経験できるのはあくまで、

  • プログラミングって怖くないよ。
  • プログラミング、なんだかできる気がしない?
  • プログラミングで動かすの楽しいでしょ。

といったところですね。

よし、もうすこしやってみようかも!と思えるか、全然無理かもやばい…と思うかの判断くらいまでができる感じですね。

プログラミング入門には結局Progate有料版が最もコスパも質も良い

Progateの無料版だけでは、プログラミングの入り口の入り口までしかわからないんです。

では、そのあとはじゃあ何をやれば良いの?という話になりますよね。

結論から言うと、Progateの有料版に進むのが最もコスパが良いし、学びやすさを考えても1番おすすめです。

書籍を検討しているとすれば、Progateの後または並行してやりましょう。書籍だけでやるとすると、ほとんどの確率で挫折するといっても過言ではありません。私も挫折しました(笑)

書籍、動画、Progateで比較して考えると、わかりやすいかと思います。これらの特徴はあくまで特徴てあって、網羅された考え方でもありません、印象ではありますが共感できる内容かと思います。

書籍の特徴

  • 網羅性がある書籍が多い
  • 情報量もしっかりしている
  • テキスト情報だと初めてには難しく感じることが多い
  • モチベーションを保ちにくい
  • アウトプットをするハードルが高い。
  • 読んで勉強をする気になってしまう恐れ大

動画の特徴

  • インプットはとてもわかりやすい。
  • 早送りができたとしてもペースがある程度一定。
  • アウトプットをするハードルが高い(よほどやる気と根気があるひと)

Progateの特徴

  • 実際に動かしながら進める学習なのでアウトプットが前提
  • つまずきに対してFBがあるため、本当の意味でつまずかない設計
  • レベルや学習進捗を表す機能でモチベーションを保ちやすい
  • TwitterでProgateというワードが入ったツイートをするとProgate関係者が反応してくれる

どうですか?実際Progateをやりきっても大したレベルにはならないですよ、とは言えど、初めの教材としては間違いなくNo.1なんです。

Progate有料版で学べるレベル・期間

では早速、Progateの有料版でガッツリやってみようとなったときになるのが、どのレベルまで到達できるのか、また必要な期間は?あたりですよね。

レベルについては、Progateを終えてやっとプログラミング初心者になったと思ってください。やっとプログラミング学習の入り口をくぐった感じですね。

その一歩上の教材を終えて、自作アプリを作って、エンジニアとして就職するような感覚です。

期間に関しては、フルコミットで1日5時間以上とかできるならば、有料期間は1ヶ月で十分でしょう。私は働きながらの隙間時間で取り組んでいたのですが、それでも3ヶ月で必要な部分はやりきりました

無料版でも有料版でもProgateでやってはいけないこと

最後に、Progateでやってはいけないことに触れておきましょう。

Progateはモチベーションを高めるためのうまい機能が備わっています。それが勉強のハードルを下げて良い影響を与えるのですが、ずっとProgateを続けてしまう人が稀にいるという弊害があります。

上述したように、Progateを終えてやっとプログラミング学習の入り口に立ったくらいです。エンジニアの入り口ではないですよ?プログラミング学習の入り口です。

Progateで学ぶべき言語を学んだら、卒業して次のステージに行く必要があるのです。

Progateレベルでいうと、私は260くらいまでで止まってますね。メインをRailsで、その周辺を一通り学ぶとおそらくこのくらいまで行きます。

Progateの気持ち良い褒めとレベル、ランキング演出に惑わされずに、タイミングを見計らって卒業しましょう。

まとめ

書籍や動画で学ぶのも良いですが、圧倒的に続けやすいのがProgateです。

そしてProgateをある程度やったら、とっとと卒業して次のステージに進みましょう。

プログラミングスクールはくじけそうになった時の砦として、ライザップ的に使うと良いと思います。

では。