ゆとのプロフィールはコチラ

私がドットインストールで挫折、Progateでプログラミング学習がうまくいった理由【性格別に徹底比較】

私がドットインストールで挫折、Progateでプログラミング学習がうまくいった理由【性格別に徹底比較】 プログラミング
PR
PR

プログラミングの勉強を独学で始めようと思った時に、教材として候補になる筆頭が、ドットインストールとProgateですよね。

ドットインストールとProgate、どちらで始めたらいいのか迷う…今回は、まさにそんな方向けの記事です。

本記事は、以下のような内容です。

  • ドットインストールとProgateを比較しつつ私がProgateの方がいい理由をご紹介
  • ドットインストールとProgateの違いと性格別にどちらがオススメかご紹介

つまり本記事を読むことで、

  • ご自身がどちらが合っているのかわかる
  • ドットインストールまたはProgateどちらで学び始めるかを決めることができる

というメリットがあります。

また、某通信教育最大手企業での教材制作経験もございますので、そんな観点でもご紹介していきますね。

PR
PR

私がドットインストールで挫折、Progateでプログラミング学習がうまくいった理由

結論から申し上げると、私の性格な話が理由です。そしてみなさんも、自分自身の性格に合わせてProgateかドットインストールどちらを選ぶかを決めると良いです。

まずは私の性格や過去の勉強スタイルを踏まえて、なぜドットインストールでうまく行かず、Progateでうまく行ったのか、その理由をご紹介します。

私の場合、性格の話と勉強法的にこんな特徴があります。当てはまる方も結構いらっしゃるんじゃないですかね?

  • 授業を聞いたら満足するタイプ
  • 授業にでてその宿題と言われてもやったことにするタイプ
  • ものづくりはとにかく大好き
  • そもそも説明を受けて理解するのは得意でない
  • ゲーム好き

これ、割と当てはまるかも、と思ったらProgateで間違い無いですね。ドットインストールはそのまま受けると受動的な学びになるので、自分を律してしっかりと常にアウトプットを行う必要があるんですね。

では早速詳細を見ていきましょう。

Progateとドットインストールは比較して優劣をつけるのはNG、特徴を理解するべき理由

これも大前提なのですが、ドットインストールもProgateもどちらも素晴らしい教材なことは異論なしです。どちらも素晴らしい教材ではあるのですが、その教材の良さを生かすも殺すも利用者次第な部分が少なからずあるんですよね。

なんの勉強をするにしても、自分にあった勉強をする必要があるということです。

そのためには自分自身の性格を知ることで、自分のスタイルを確立していかなければならないんですね。

これについて書いていくとそれだけで10万字とかなりそうなのでやめておきますが、Progateかドットインストールを選ぶのであればそんな深いところまで考える必要もありません。

Progateとドットインストールのどちらを選ぶかで重要な観点とは

Progateとドットインストールのどちらを選ぶかで必要な観点、それは繰り返しになりますが根本的あなたの性格です。

詳しく理解するのも重要ですが、今回必要な観点は以下の二つですね。勉強にまつわるところです。

  • どんなインプット方法が理解しやすいか
  • 自律性が高いか

多分、多くの人はそんなに回答に困らないかと思います。

こんな観点を意識した上で、Progateとドットインストールの機能を見ていきましょう。合わせて私が思う、性格別のおススメを提案します。

Progateがオススメな人の特徴・その理由を機能で解説

Progateがおすすめな人は、思いつく限りでこんな人です。

  1. プログラミングをやってみたいけどどうにも正直そんなにモチベーションは高くないかも
  2. そもそも継続して勉強するのは苦手
  3. 勉強するときはわからないところがよくわからないのがネックになる
  4. デザインなど形から入ることででやる気が出る

で、なんでこういった人にProgateがメインかと言うと、Progateにこんな機能や特徴があるからですよって話です。

上記のような懸念がある人にとって重要な観点を整理すると、

1,2 → モチベーションが上がる仕組みが必要
3 → 間違えたりつまづきポイントに対して、サポートが必要
4 → おしゃれとかかわいい、好きなテイストの教材が必要。(文房具とかノート凝るタイプとか)

これらがProgateにはものすごいそなわってますよって話です。

Progateはモチベーションの上げ方がうますぎる

Progateは、勉強する習慣がない人に対してのモチベーションの上げ方が非常に上手です。

その一つが、『褒め』。大人は侮りがちですが、褒められて悪い気がする人なんてそうそういないですよね? Progateの対象は基本的大人かと思いますが、ものすごい褒めてくれるんですよね。

例えば学習履歴、レッスンごとの褒め、レベルが上がった時の褒め、一つ一つが良いタイミングで出るような設計になっています。

つまずきに対するコミュニケーションがすごい

Progateをやったことがある方はわかるかと思うのですが、Progateはとことん『プログラミングを挫折するポイントを排除』してくれます。

自分の書いたソースコードに対しての解説になるため、どこでつまずいているか一目瞭然なんですよね。

だから大抵の場合はこの解説で前に進むことができます。

しかもですよ、これでもわからなければヒントを使えば良いのです。そのヒントがまた良くてですね、問題に対する適切なアクションが記されています。

Progateはプログラミングのかたさを見せない柔らかいデザインがすごい

プログラミングのイメージってどうですか?堅苦しいとか、難しそうとか、あんまりいいイメージがない方がほとんどですよね。私もそうでした。

実際、はじめての●●というような書籍で見事に挫折した時も、そんなイメージがありました。

でも、Progateは違います。柔らかいデザイン、可愛いキャラで世界観を作っており、プログラミングに対するハードルがものすごい下がるように作られています

この緻密な設計はもちろんですが、それにしてもデザインやにんじゃわんこといったキャラが可愛いかわいい。

学生時代にカラーペンやノートにこだわること。とでモチベーションを上げていたようなタイプの方には、響く部分かと思います。実は私がまさに、そのタイプでした。見た目でモチベーション上がりますよね

ドットインストールがオススメな人の特徴・その理由を機能で解説

Progateをものすごい持ち上げてしまっておりますが、ドットインストールをお勧めできるタイプはざっくり3種類いると思っています。

1つが、誘導されると思考停止で作業をしてしまう人

先程Progateのメリットとしてあげましたが、逆にデメリットにもなりうるんですよね。それが、誘導されると思考停止して作業化してしまう人です。

正直Progateのほとんどのレッスンは、言われたとおりにやればできてしまいます。しかも、言われることが非常に細分化されているので、作業的にできてしまうんですよね。

誘導されてしまうと無心で作業してしまうようなタイプは、Progateはやらない、もしくは意識してやることが大切です。

2つめのタイプが、褒められて伸びるより苦労して頑張りたいタイプです。

これもProgateのメリットの裏返しですが、Progateはとても細々と褒めを挟んでくれます。そして、難易度がとてもスモールステップになっているため、山を感じにくいです。

(HTMLの上級道場などはなかなかシビアですが…)

そして最後3つ目が、アウトプットをする習慣が既にある人です。

私もそうですし、多くの人がやりがちなのが、動画や書籍を読んで満足してしまうこと。これ、いざ書いてみるとプログラムは書けないし、なんなら理解できてないことにそのタイミングで気づきます。悲惨じゃないですか?

だからこそ、動画で学ぶにしろ書籍で学ぶにしろ、自分の手元で手を動かして再現する習慣をつけられるか、そこが大切です。

そんなところがあえてドットインストールをメインにする人の特徴です。最後に答え合わせ的に、ドットインストールの特徴もご紹介しておきます。

受けられる講座の種類は豊富

めちゃめちゃ豊富です。でも、どこをどうやって進めればWebサービスを作れるようになるのか、わかりにくいんですよね。

「無料ないし少額の有料で、これだけの用意がありますよ」そんなサービスになっています。

なので、指針がちゃんとある人にはめちゃめちゃ良いです。

が、私は適当にやってたので無理でしたw

動画だからやっぱりわかりやすい

とは言っても、動画ってやっぱりわかりやすいんですよね。それは間違いないです。

性格的な観点で解説しましたが、どうしても動画でのインプットが得意だ!ていう人はドットインストールメインでももちろん良いですよ。

上述したような前提を意識して、何をどう学んでいくかの指針だけまずは定めましょう。

まとめ

Progateもしくはドットインストール、どちらが良いかはその人の勉強タイプによるところが大きいです。ですが、多くの人はProgateをオススメできるタイプでしょうというのが私の結論です。

Progateで取り扱われてない内容をドットインストールの無料範囲でないか探すといった、補完的な使い方が個人的なベストでした。

では。