ゆとのプロフィールはコチラ

【断言できます】Railsチュートリアルを動画中心で学習するのは不要な3つの理由

Railsチュートリアルを動画中心で学習するのは不要な3つの理由 プログラミング
PR
PR

Railsチュートリアルをやってみようかな?Railsチュートリアルを少しやってみたけど難しい…なんか動画解説などはないかな?

本記事は、そんな気持ちでプログラミング学習が少し不安な方向けです。

本記事を読むと、Railsチュートリアルを完遂するために必要な指針がわかるようになります。

内容としては、Railsチュートリアルに動画「中心」で学習するのは不要な3つの理由を解説しつつ、Railsチュートリアルの動画に頼らないでやりきる方法をお伝えします。また、動画でどうしてもインプットしたい方のために代替案もご紹介しています。

では、見ていきましょう。

PR
PR

Railsチュートリアルに動画が不要な3つの理由

早速本題に入って行きたいのですが、前提としてお伝えしたいのは動画を見ながら進める、という進め方をオススメしていないという趣旨です。

ですので、どうしてもわからないところをピンポイントで検索して記事やYouTubeで解決する、というのは大歓迎ですね。

理由1:受動的な教材ではなくアウトプットが目的の教材だから

まずは大前提とかぶるのですが、Railsチュートリアルはインプットと同時にアウトプットをする教材だからです。

しかも、Progateとは異なり自分の手元の開発環境で教材を進めることになります。つまり、教材に倣いながらも、Railsチュートリアルを完遂すると、(一応)自分のアプリが完成することになります。

Railsチュートリアルが教えてくれると思って取り組むのではなく、作りたいという気持ちにRailsチュートリアルが応えてくれる、そんな感覚で取り組むとよいです。

だから、動画でインプット!ではないんです。

理由2:自己解決能力を養うことに適した教材だから

2つめの理由としては、Railsチュートリアルに挑戦するタイミングならば、自己解決能力を付けるのも1つの目的にするとよいです。

Railsチュートリアルは一見。書籍などを見ながら進める形と同じなのでは?と思うかもしれませんが、インプット量と、必要なアウトプット量のバランスが大きく異なるんですよね。

本で書いてあることは真似すれば確実にできる本物の写経のパターンが多いですが、Railsチュートリアルでは書いてあることと知っている知識を元に、調べたり人に聞いたりすることが必要なんです。

まずはインプットしたい、完遂までうまーく導いてほしい。そんな気持ちでは、Railsチュートリアルにはコテンパンにされますからね。笑

理由3:自走を始める足がかりになるから

自分でわからないことを見つけて、言葉にしてGoogleさんなりどなたかに伺う。

そんなプロセスを身につけることで、いわゆる自走に一歩二歩進めるということです。

これが、今後実際に開発現場に入った時のプロセスになるはずです。実際、この力がないとエンジニアとしてキツイ、とも言われています。

とはいえ、このタイミングで完璧になる必要はないので、そのプロセスの入り口くらいまではRailsチュートリアルで習得できると、その後のポートフォリオ制作でも必ず役立ちます。

どうしても自分にはRailsチュートリアルは太刀打ちできない…という場合には、もっとインプットが手厚い教材をProgateやドットインストールのあとに一度挟んでから、改めてRailsチュートリアルに挑戦すると良いです。

Railsチュートリアルは動画を使わず食らいつくのがオススメ

Railsチュートリアルに動画が不要な3つの理由でも思いっきり触れてるので、ネタバレではありますが…

『いかに食らいつけるか。』これが、Railsチュートリアルに取り組む時に意識すべき心意気です。

インプット→アウトプットというより、Railsチュートリアルになんか書いてある→アウトプット→??→調べる!整理する!聞く! そんな思考プロセスですね。

もちろん、その調べる段階で参照できる書籍はあった方がよいです。RubyとRailsでそれぞれリファレンス的に利用できる書籍は色々あるのですが、以下の2つを持っていれば間違い無いでしょう。

私は学習としてもこれらはすこし読んだのですが、個人的にはこれらはリファレンス用として持ち、必要なところを読み込むというやり方で良いのでは?というのが

Railsチュートリアルの前にもっと動画などで学びたい場合は?

私はもしかしたらRailsチュートリアルでもがく段階じゃない、もう少しRailsチュートリアルとProgateの間にあるレベルのギャップを埋めたい!そんな段階の方もいるかと思います。

(もちろん、背伸びしても良いのですが…)

そんな場合にオススメな教材を、動画と書籍でそれぞれご紹介します。

動画の場合

動画で学ぶスタイルがどうしても自分に合っているということであれば、『Udemy 』はとてもオススメですね。新規登録者であれば恐ろしいほどの割引が適用されることが多いので、Progateくらいの激安価格で充実した講座が利用できます。 Udemy公式サイト

動画講座ですが質問もできてもちろんスマホも対応しておりますので、通勤通学中に動画を見て、家でコードを書くなんて学び方も可能です。

ProgateレベルからRailsチュートリアルくらいのレベルをまずはインプット中心に行いたいのであれば、以下の2つの講座がオススメです。

▼テストも言語もしっかり動画で一度学ぶならコチラ
フルスタックエンジニアが教える 即戦力Railsエンジニア養成講座
Progateの復習を兼ねて少し範囲を広げるならコチラ
よくわかるRuby on Rails入門-RubyとRailsを基礎から学びWebアプリケーションをネットに公開しよう

書籍の場合

余談ですが私は動画で学ぶとどうしてもインプットに偏ってアウトプットをさぼってしまうので、こちらのタイプの方が好みなのです。

オススメは以下の書籍「」なのですが、うまくRailsチュートリアルではしょってるところの知識が保管されていたり、レベルもProgateの復習からRailsチュートリアル弱くらいまで網羅されています。

書籍なので動画よりはわかりやすさは劣ると感じる方が多いのかもしれませんが、解説に用いられる図がわたしのもやもやを何度スッキリさせてくれたか…そんな感じでおすすめです。

辞書のようにリファレンスとして使う書籍は別途あるのですが、このタイミングであれば何かサンプルを作りながら学ぶタイプがおすすめですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Railsチュートリアルが、動画で学ぼう!教えてくれ〜!という趣旨の教材でないことは伝わったかと思います。

ちなみにわたしはRailsチュートリアルを1回目終盤でエラーが止まらず挫折しており、必要な知識を保管して2回目チャレンジして無事完遂した経験があります。

1度や2度Railsチュートリアルをうまくやりきれなくても、大丈夫です。正しく挫ければ、その後に必要な学習も見えてきますから。

では。