【メリットは?】LINEキャリアを使った感想と今後の展望

キャリア
PR

2018年10月22日にサービスを開始した『LINEキャリア』LINEで手軽だし使ってみようかな?と、思う方も多いですよね。

本記事は、LINEキャリアとはから解説して、特徴からメリットデメリットをお伝えします。

本記事を読めば、LINEキャリアを使うかどうか判断できる内容にしています。

では、見ていきましょう。

PR

LINEキャリアとは?LINEとエンジャパンが『LENSA株式会社』を設立

LINEキャリアとは、エン・ジャパンとLINEがつくった合弁会社「LENSA株式会社」が運営する転職支援サービスです。

たてつけてきには企業の人手不足を解消するために設立したらしいですが、まあユーザーにとっては関係ないですよね。

実際にそのサービスは使いやすいのか、またいい求人と出会えるのか、そしていい転職ができるのかが大切ですよね。

その辺りの観点でLINEキャリアはどんなサービスなのか、深くみていきましょう。

LINEキャリアの評判とメリットデメリットは?

まず気になるのがユーザーのLINEキャリアについての評判ですが、サービス開始直後ということもありネット上にもあまりない状況です。

とはいっても、私は早速活用してみたので、簡単にメリットデメリットをご紹介します。

メリット

  • 新たにアプリをインストールする必要がない
  • LINEだから気軽に利用できる気分になる
  • トーク上で希望条件などを指定できる
  • 操作的にまあまあ使いやすい

初めの設定もなんだかトークで答えさせようとしてきました。笑

デメリット

  • 中身はエン・ジャパンが他サービスで使っている内容と同じ(求人に独自の価値はない)
  • トークにLINEキャリアとかあったら会社の人にバレたりする?

これみていただいたらわかりますが、転職を考えるキッカケにはなるイメージはつくのではないでしょうか。ただ、まだまだ転職活動のパートナーとして利用する価値があるのかどうかというと、微妙ですよね。

ここからは、LINEキャリアの主張から逆算して、今後どうなるかの展望をを含めた特色と、どんな人がターゲットなのか?を解説します。

特徴だけど有益じゃない?LINEキャリアが主張する特徴

プレスリリースなどでも載っている、LINEキャリアの特徴というものがあるんですが、ユーザー的にみてそんなに有益じゃないのでは?と感じるところがあるんですよね。そこをみていきましょう。

特徴1 LINE内で転職情報探しが可能

まずは、LINE内で転職情報を見られるという点です。でも、ほかのサービスもスマホで最適化されたUIでも展開されてますので、容量くらいしかメリットに感じないと思うんですよね。

LINEといっても、LINEの関連サービスまとまてそうなのですが、ナゾにウォレットタブからリンクがあるんですよね。

別アプリの方が現時点では起動までのハードルも低いのでは?というレベルです。まあホーム画面に追加すればその点は解消されますが、ホーム画面に結局アイコン増えますからね。どっちもどっちなところです。

特徴2 充実した求人内容

充実した求人内容と仰いますが、リクナビマイナビと比べてどうなんでしょうか。これが数のことを言っているとすれば、全然メリットないですよね。笑

実際、数ある求人サイトを使ってきましたがそんな求人数でアピールされてもそんなユーザーメリット無いんですよね。

それよりも特集であったり、どんなくくりで求人を絞れるか、どんな探し方ができるかが観点として必要です。

まあその点でみると、LINEキャリア(というより情報源のエン・ジャパン)は特集についてはなかなか注目できるかも、という印象です。

ほかの機能はまだまだこれからなんですかね?

特徴3  検索履歴に応じた最新求人情報をプッシュ配信

これ…メリットですかね?プッシュって笑 職場でびっくらこきそうです。(私だけですか?)

転職活動の面接調整などを前回はLINEでやってくださる転職エージェントだったので、それはなかなか便利でしたが…求人情報はGMailで十分ですね、はい。少なくともわたしは…

特徴から逆算する、LINEキャリアのターゲットとは

上記のような感じのLINEキャリアというサービスなのですが、ターゲット的には転職キャリアアップ狙いのギラギラ層というよりは、以下のような方向けの印象でした。

ただ、これは現時点での方針なので、どんどん変わっていく可能性は大いにあります。

  • 転職という選択肢が今まで出てこなかったような方
  • ブランクがあるような方
  • 女性の方

転職の間口を広げるって感じの狙いが感じられますよね。

LINEキャリアに追加される予定の機能一覧

まずはリリースしてみて、というところなのでしょうかね。既に追加予定の機能というものがあるようです。

ここからは今後追加されるLINEキャリアの機能について、みていきましょう。

  • エン・ジャパンの採用支援ツール「engage」をはじめ、エン・ジャパンが運営するその他求人情報サービスとの連携
  • 「LINE」内トークのみでweb履歴書作成、求人閲覧、検索、応募が可能に
  • 企業からのダイレクトオファー機能 

いかがでしょうか。LINEならでは、という点では二つ目ですが、トーク画面で履歴書作成するっていうのはそんなメリットに感じますかね?

まだまだ今後に期待…という印象ですね。

LINEキャリアを使ってみた感想

使ってみた感触としては、悪くは無いです。ただLINEからそんなに起動しやすい訳でじゃ無いですし、そんなにメリットは感じなかったですね。

LINEキャリアに今後の展望はあるのか

そんな特筆すべしLINEキャリアに展望はあるのか、という話ですが、私は大いにあると思います。ただ、私はあまりターゲットではないなというだけですね。

身の回りでもそうですが、『転職』が選択肢にある状態で仕事をしている人って、まだまだ少ないんですよね。転職者が多いような職場であれば転職が身近に感じますが、そうでない企業がむしろまだ多いですからね。

そういった意味でLINEキャリアは、今まで転職が頭の片隅にもなかった層に転職という選択肢を与える役割を担えるはずです。

ちなみに余談ですが、転職転職という世の中は良くないと思ったりした方、いらっしゃいますよね?でも、それは違うんです。理想なのは、転職なんていつでもできるけど、ここにいたい。そうやって転職しない状態が、自分のスキル的にも精神的にもいい状態でいられるんです。私はそう考えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ほんのちょっと脇道逸れたりもしましたし、終始批判的な書き方になってしまいましたが、LINEキャリアはなかなか大きな役割を担う可能性があります。

今後ともウォッチしていきたいサービスでした。

では。