【判断基準】不要になる家具家電をどうする?一時的に実家に戻る場合【捨てる?預ける?】

トレンド
PR

期間限定で実家に出戻りなら家具家電が不要になりますよね。実家への出戻り以外の方でも、一時的に一人暮らしじゃなくなるなどで、家具や家電が不要になって悩むことがありますよね。

本記事は実家へ帰るシーンを例として出しながらも、『一時的に家具家電が不要になって置き場に困る』こんな状況の全ての方向けです。

記事を読んだ後には、どう対処していくかの指針が見えてくるような内容になっています。


では、見ていきましょう。

PR

不要な家具家電を実家に帰るのに持ち込める?

まずは大前提の話です。実家や親戚はもちろん、友人宅など、に置けないか確認はしましたか?

結局のところこういったところにおいて置ければ、1番安上がりなのは間違い無いんですよね。笑

当たれるところは当たった上で、ダメだった場合に対処を検討しましょう。

一時的に不要になる家具家電は処分する?

実家に置くのも不可能だと。処分を検討しますよね。私もしました、そして驚愕しました。ベッドをはじめとした大型家具や家電をまとめて処分すると、結構な額がかかってしまうんですよね。

実家に戻って『完』もう家具家電が必要になることがなければ諦めて支払うしか無いのですが、ゆくゆく使う予定がある。時期は未定だがきっと使う、そんな場合には、処分以外の方法を検討すべきです。

なぜなら結局、総支払額がお得になる場合が大いにあるからです。

大型の家具家電をメルカリなどで売るのは難しい

処分がダメなら売るか…という思考に私はなったのですが、なかなかこれも難しいんですよね笑手渡しできるような売り方であれば良いのですが、配送が必要だとなかなか厳しいです。

ということで行き着く先が、こんなサービスなんです。

一時的に使わない家具家電を預けるサービスがある

それが、不要な家具家電を一時的に預けるサービスです。この手のサービス、(儲かるのか)かなり増えてきている近年ですが、たしかに便利なんです。

その名も『トランクルーム』というサービスで、本当に物置としてモノを月額制などで預かってくれるんです。

もちろんサービスにより価格差はありますが、総じて住むよりもよっぽど安い料金で家具家電を一時回避することができます。

月額数千円から利用できるようなサービスなのでめちゃめちゃお得なのですが、注意しないと結局損する可能性もあります。

処分かランクルーム系サービスを使うか決める観点とは

ここからはトランクルームを使って損をしないように、処分も迷ったらどうすれば良いかの観点をご紹介します。

トランクルームの利用料金は、以下のような形態が多いです。

  • 初期費用(無いものもあります)
  • 月額費用

これらの料金を実家へ逃げる期間を考えて、計算をしてみましょう。もちろん、家具家電が不要になる期間が未定な場合も多いですよね。

そういう時には仮で3ヶ月なのか、6ヶ月なのか、1年なのか、それらの場合によって考えてみると良いでしょう。その結果導き出された料金と、処分して再度購入したときの費用を比較するんです。

これにより1年未満ならトランクルーム、それ以上なら処分の方がお得、のように見えてくるはずです。

トランクルームは便利だ便利だというのは本当ですが、どのくらいの量をどのくらいの期間預けるかによって、得することも損することもあるということを肝に命じておきましょう

トランクルーム系有名サービス3選

最後に、料金シミュレーションをするべき対象になる、有名トランクルームサービスを厳選して3つご紹介します。お近くにトランクルームがあるのか、などの観点を踏まえて選んでみましょう。

月額2520円の格安料金より利用可能!『トランクルーム(屋内)』『コンテナトランク(屋外)』スペースプラス
北海道から九州まで展開する、屋外収納用貸コンテナ
きれい・安心・便利なトランクルーム・キュラーズ

まとめ

いかがでしたでしょうか。実家に急に戻らなければならないようなシーンは、意外とありますよね。損得計算をしっかりした上で、トランクルームを利用するか処分するかを決めていきましょう。


では。