【完全版】性格別キャッシュレス決済オススメランキング

キャッシュレス
PR

クレジットカードは馴染みが深い方も多いと思いますが、それ以外って意外とよくわかりませんよね。

しかも、Suica、Edy、iD、デビットカード、LINE Payなど色々な決済手段が乱立してわけがわからないですよね。

本記事は、そんな気持ちに共感される方向けです。

本記事では、細かい仕組みや制度は置いておきます。ではどうするかというと、

  • それぞれの決済手段の特徴
  • 現在の支払い方法 ≒ 性格

これらを組み合わせて、ランキング形式でご紹介します。

PR

各種キャッシュレス決済のに性質をご紹介

まずは、一体ざっくりどんな決済手段があるのか。現金も含めて考えると、ざっとこんだけの方法があります。

  1. 現金
  2. クレジットカード
  3. 交通系電子マネー
  4. 国際ブランドのプリペイドカード
  5. iD
  6. 電子マネー
  7. デビットカード
  8. QR/バーコード決済
  9. QUICPay

これらを一つ一つ詳しい説明をしていくこともできるのですが、それは少しインプットが困難なので、キャッチフレーズ的にご紹介していきますね。

5-7-5にならないかな…と思って書いて見ましたが、情報足りなさそうだったので、短歌的に5-7-5-7-7もまぜてみまた(笑)

では、見ていきましょう。

現金

『現物の 価値に引き換え 世を知らず 手数料あり ポイントもなし 』

現金って、硬貨や紙幣というそのモノがあるので、誰がなんと言おうがその価値に安心できますよね。

急に何かあった際に、現金があって助かった…なんて、シーンもあるかもしれません。

キャッシュレス歴の長いわたしが感じる現金のメリットは、今すぐであればありますがゆくゆくは無くなるでしょう。

ちなみにわたしは吉野家とラーメン屋でしか現金はほぼ使いません

ゆくゆくは念のため、持っているという感じになるでしょうね、現金は。

クレジットカード

『後払い、リスクの代わりがポイントだ 破産の危機は クレカがキッカケ』

なんで日本人はこんなにも色々な決済手段がある中で、クレジットカードのシェアがものすごいのか個人的には理解できないんですがね。

驚くべきほどのポイント好き、というところでしょう。

結果的に厳密にはそんな得してなくても、ポイントで旅行に行けちゃうとか言われたら、なんだかすごく魅力に感じちゃいますもんね。

あとは、大きな買い物ではクレジットカード、という流れが結構定着してますよね。

決済回数が多くなると明細もわけわからなくるから嫌、という人もいらっしゃいますよね。

交通系電子マネー

「Suica 画像」の画像検索結果

『スピードだ 利便性とは スピードだ オートチャージは もはや後払い 』

いろんな決済手段がありますが、やっぱりスピードがすごすぎて他を圧倒してるのが、この交通系ICカード。

いわゆるSuicaとかPASMOです。

ポイントも大して強くはないJR系なのですが、利用できる店の多さとそのスピード的な意味での利便性が支持されているんでしょうね。

国際ブランドのプリペイドカード

「au Wallet」の画像検索結果

『クレジット 見せかけてるが 前払い ポイントなぜか クレジット並み』

あんまり馴染みのない、国際ブランドのプリペイドカードですが、実は結構お得で、はやらない理由があんまりわからないんですよね。

例えば、数年前にauがバンバンCMを打ち出していた、au WALLETなんかがこれに当たります。

JCBやVISAの冠がつくカードなので、それらのクレジットカードが使える店では問題なく使えます。そう、それが海外だとしても。高校生だとしても。

お店の店員さんは知らないことがほとんどなので、『クレジットカードで』と言って支払うことになりますがなんの問題もないです。笑

iD

「iD カード」の画像検索結果

『前払い? いやいやわたしは 後払い』

iD…実はこれだけ使ったことないんですよね。なんというか、知っていた情報としては、どうやら後払いらしい、ということ。

電子マネーで後払いってなんぞや!!?と思って、使ってないんですよね。

メリットはおそらく、クレジットカードのようにシュッとして、サイン書いて…もしくは暗証番号…みたいな手間が省けるってことですかね?

そしたら、後述のQUICPayとほぼ同じな気がしますね。

電子マネー

「楽天Edy」の画像検索結果

『オートなら 後払いだが ポイントが そうでなくとも ポイントが良い』

電子マネー、使う人は使うって感じですよね。イオンやセブンイレブンなど、普段使う店が電子マネーを発行しているなら支払いも楽だしポイントもつくよねってはなし。

楽天Edyに関してはポイントがやっぱり良いですよね。

ただ、やっぱり不思議なんですよね。電子マネーで先払いするもんのはずなのに、同じ会社のクレジットカードでオートチャージするんですよね。

これによって先払いなんだか後払いなのかよくわかんない現象になるのですが、レジでの支払いはやっぱり楽だし、何よりポイントの二重獲得とかもできたりしますからね

お得っちゃお得です。

デビットカード

楽天銀行デビットカード(JCB/Visa)ならポイント還元率NO.1 さらに、貯まった楽天スーパーポイントを デビットカードの支払いに使える!(1ポイント=1円分)

『銀行が 財布代わりで 即決済 ポイントだけは クレカに負ける』

デビットカードって近年CMはやっているのですが、名前だけ聞いたことあるって方がほとんどじゃないでしょうか。

仕組みは簡単です。クレジットカードが使える店と同じ店が使えて、前払いでも後払いでもなくて、リアルタイム決済です

支払った瞬間に銀行口座からその額が引き落とされるんですよね。

つまり、わたしがよく使う表現でいうと、銀行口座自体が財布になるって感じです。

ポイントの還元率がクレジットカードに負けるという点はあるのですが、デメリットはそんなもんです。

実はデビットカード向きって人、結構隠れてると思いますよ。

QR/バーコード決済

「LINE Pay」の画像検索結果

『ミーハーの ための決済 気持ちいい 使える店は これから増える?』

QRコードやバーコード決済の手段はまだまだこれからです。なぜなら圧倒的に使える店が少ないから。

コンビニだと2018.9月現在はローソンでしか使えないですからね。ただ、対応店舗、例えばローソンを毎日使うような方にはめちゃめちゃおススメです。

普通に感動しますよ。プライムナウとか、アレクサとか、Uber EATS使ってるとか、とにかく新しいものが好きかもって方は一通り使ってみる価値ありです。

ここの中に色々なサービスをひとまとめてしまいましたが、この中での色が実は結構あります。

QUICPay

「QuicPay」の画像検索結果

厳密には違うのですが、ここの分類にApple Pay やGoogle Payを含みますね。

QRコード決済とこのQUICPayは、上記のクレジットカードやSuica、銀行口座と紐付けて利用するサービスなんですよね。

どことどう繋げるかによって恩恵はまた変わってくるのですが、今回はそれぞれ1番そのタイプにオススメの連携の仕方をしたとして、オススメランキングにエントリーさせますね。

Suicaなどの交通系ICカードと同じく、その決済の楽さがメリットですね。

《現金派向け》キャッシュレス決済ランキング

現金派のあなたには、こんな順におススメ。

1位 デビットカード

銀行口座が財布ですよ?クレカのポイントもそんな貯めてないんですよね?そんななたのメイン決済手段は、デビットカードで決まりでしょう

確実にATMを使う頻度は減って、通常現金を使っていたシーンがデビットカードに代わり、デビットカードが使えない時に限り、現金を使うようなイメージです

2位 QR/バーコード決済×国際ブランドプリペイドカードのLINE Pay

2位にランクインしたのはLINE Pay(ラインペイ)です。

タイトルにもありますが…LINE Pay(ラインペイ)って、QR/バーコード決済だけでなく、プリペイドカードも合わせて発行しているんですよね

さらに、LINE Pay(ラインペイ)て完全前払い式なんですよ。どういうことかっていうと、チャージの連携が銀行口座なんですよね。

なので、スマホで簡単もしくはオートチャージした瞬間に、銀行口座からお金が引き落とされます。

ね、現金派のあなたには安心ですよね?

3位 電子マネー

3位は電子マネーです。なんでかっていうとですね、現金派の方って、お金の重みを感じたい方多いですよね。

これくらいのお金を使ったんだ…!という感覚の問題。

で、それが何に関係するかというと、楽天EdyやWAON、nanacoと言った電子マネーって、お買い物情報か細かく記録されるんですよね。

だから、家計簿アプリと連携させれば、履歴がかなり細かく記録されて行くんですね

わたしはそれをしょっちゅう眺めることで、お金を使っている感覚、というのを重く受け止めています。笑

《交通系ICだけバンバン利用者向け》キャッシュレス決済ランキング

SuicaやPASMOなどの交通系ICカードはなんだかなんの抵抗もなくて、使えるんだったらかなり使うんだよねって方、結構多いですよね。

ただ、Suicaで飲み会の支払いとか、大きな支払いまでする方は少ないですよね。

少額ならがんがんと交通系ICカードを使うけど、ていう方にはこんな感じにオススメです。

では、見ていきましょう。

1位 QUICPay

交通系ICカードを使わないときは、現金ですか?どうせ現金を使うなら、QUICPayを使ってみましょう。

多分、交通系ICカードのスピード感、手軽感がお気に入りですからね。

QUICPayの支払い時の音声は気に入らないですが、クレジットカードで払うのに決済の時間は一瞬、というのはなかなか気持ちいいですよ。

2位 QR/バーコード決済×国際ブランドプリペイドカードのLINE Pay

2位にランクインしたのはLINE Pay(ラインペイ)です。

タイトルにもありますが…そして繰り返しになりますが…LINE Pay(ラインペイ)って、QR/バーコード決済だけでなく、プリペイドカードも合わせて発行しているんです!

LINE Pay(ラインペイ)て完全前払い式なんですよ。チャージの連携が銀行口座なんですよね。

コード決済の気持ち良さは、Suica好きのあなたにはわかってくれると思いますよね?

プリペイドカードに関して言えば、少し工夫すれば圧倒的に支払いが楽になるんです。

支払い時のサインって面倒ですよね?そんなときは、署名をイニシャルくらい短くすることがオススメです

めちゃくちゃ快適ですよ。

あんま知られてないですが、クレジットカードの署名てあくまで本人確認だから、サインがあっていればいいんです。本名の必要もないですからね。笑

3位 デビットカード

デビットカードランクインの理由は、おおよそ2位のLINE Pay(ラインペイ)と同じです。

署名をイニシャルくらいに短くまとめれば、決済の手間はほぼなくなり、使える店舗数はクレジットカードと同じになりますからね。

クレジットカードでよければいいのですが、それじゃダメで現金を使っているあなた。デビットカードも検討してみてはいかがでしょうか

《ポイント信者向け》キャッシュレス決済ランキング

ポイント信者さんには、脱帽です。あの手この手でうまくポイント獲得、セールやポイントアップに飛びつくようなタイプです。

そんな方には、少額かつ使用頻度がおおいところから、高額かつ利用頻度が少ないという順が、オススメランキングそのものになります。

1位 電子マネー

わたしは好きではないですか、このポイント二重獲得が圧倒的にお得です。

もちろん、クレジットカードば同じ会社で揃えてるんですよね?

1番お得な感覚なのはやはり、楽天Edyてイメージですね。楽天カードのクレジットカードでオートチャージ設定するのが、ポイントの観点では最強です。

ただしまだまだ使える店舗は少ないので、数々の決済手段を組み合わせて楽しんで行きましょう。

2位 QR/バーコード決済の楽天Pay

お得さを極めるのであればやっぱり結局、楽天系ですよね。

楽天てキャンペーンや仕組みがわかりにくいのがあるのですが、全面的に信頼してしまってお得になりますからね。ただお得さは間違いないのですが、結局出費が増えている可能性が高いので、一度見直してみると良いかもしれません。

そんなポイント大好きな方には、まだまだ使える店は少ないのですが『楽天Pay』という決済手段がオススメです。

これをうまく使えたら異常な割引にも巡り会える可能性があります。

例えば、楽天の系列である、楽天カフェではコーヒー系のドリンクがいつも半額くらいまで安くなってますからね。

お近くにある方はぜひ、お試しくださいませ。

3位 QR/バーコード決済×国際ブランドプリペイドカードのLINE Pay

ポイント大好き派にもランクインしたのは、LINE Pay(ラインペイ)です。

LINE PayのプリペイドカードとQRコード決済、そして送金をうまく使いこなすと、ポイント還元率も楽天系に引けを取らないような感じになります。

公式のポイント還元率は最高で2%ですが、そのほかにもキャンペーンと組み合わせてもっともっとお得に使うことができます。

普及期だからこその恩恵を受けるなら、なるべく早い方がいいかもしれません。

《ミーハー向け》キャッシュレス決済ランキング

1位 QR/バーコード決済×国際ブランドプリペイドカードのLINE Pay

この記事でも何度登場しているかわからないこのLINE Payですが、メインにするか否かは置いて、一度使ってみる価値ありなことは間違いないです

その理由は以下です。ミーハーにはもってこいです。

  • 送金機能で人を驚かせることができる
  • QR/バーコード決済は決済の瞬間、気持ちいい
  • LINE Payカードもプリペイド?と話題にできる

人と何度この話題でトークしたかわからないくらい、LINE Payには話題性がありますからね。

ミーハーさんにおススメ間違いなしです。

2位 メルペイ(merpay)

メルペイ、ご存知ですか?いや、知らない方も多いですよね。なぜならまだサービスを開始してませんからね。笑

メルペイはあの『メルカリ』が始める、新しい決済サービスです。メルカリ社員ですら、メルペイのサービス開始時期がわからないという、かなり水面下で動いているプロジェクトのようです。

ちなみにメルペイは出た瞬間に使ってみる価値ありますよ。

『信用』をメルペイはキーワードにしていて、CtoCで培ったメルカリ経済圏を、どう広げていくかが注目ですね。

3位 ペイペイ(PayPay)

グローバル思考のミーハーさんなら、このペイペイ(PayPay)がおすすめです。といっても、このペイペイ(PayPay)もまだサービスは始まっていないんですがね…笑

どこが注目なのかというと、中国人がみんな使っていると言っても過言ではないレベルに普及しているアリババグループのアリペイというコード決済サービスが、ペイペイの対応端末(アプリ?)で決済可能になるらしいんですね。

ちなみに逆はまだ発表されてませんが、中国旅行でペイペイが活躍する日もそう遠くないかもしれません。

中国人観光客を囲い込むために日本でも普及が進んで、中国旅行をきっかけに日本人も使い始める・・・いい循環が生まれる予感。

まとめ

これ以外にもいろいろなパターンの方はいると思うのですが、ざっくりはこな分類でそう間違ってはないと思うんですよね。

一つだけ言えるのは、現金は使わなくていいということ。笑

各々にあった素敵なキャッシュレスライフを。

では。