小銭が重い・邪魔・いらないと思ったらLINE Payにするべし。

キャッシュレス
PR

お財布に小銭がたまったり、そもそもたまってなくてもだんだん小銭が入ったお財布自体が煩わしく感じたり… なんとかしたいと思いますよね。

本記事は、そんな人向けです。

クレジットカードやSuicaは使ってはいるけど、まだまだ現金がメインな人に、LINE Payがオススメな理由をまとめました。

では、みていきましょう。

PR

なぜ現金を使いたいのか整理してみる

お財布をパンパンにしてまで、あなたが現金を使いたい理由を改めて考えてみましょう。

クレジットカードじゃ不安な理由、Suicaじゃダメな理由は? 改めて考えることってないので、整理してみると見えてくると思います。

現金を使いたい大抵の理由は?

結論から申し上げると、

  • 安心した取引がしたい
  • お金を使った感がほしい
  • おそらくこの辺りに落ち着くと思うんですよね。
  • 安心できる取引というのは、主には後払いではない、ということとします。リアルタイムまたは前払いだと安心ですよね?という話です。
  • 現金に代替するべきものの条件は?

    つまるところ、上記2点を解消できるような決済手段があればいいんですよね。

    • 安心した取引がしたい
    • お金を使った感がほしい

    これらを満たす方法は、2つやることがあります。現金との代替に、やること使うものが2つあるなんて面倒じゃないか…

    と思いますよね?

    でも大丈夫です。さまざまな観点でみると、むしろメリットのほうが多いですからね。

    では実際どのような決済手段が選択肢にあがってくるのかをみてみましょう。

    現金代替になりオススメなのがLINE Pay。

    ズバリ、1番のオススメはLINE Pay(ラインペイ)です。

    もう1つの方法としては銀行口座連携でリアルタイム引き落としのデビットカードというものもあるのですが、こちらはポイント還元率が若干低いということもあり省略します。

    LINE Payがオススメな理由としては、デビットカードよりもポイント還元率が高いこと、これからのサービス向上の期待があるからです。

    ポイント還元率はざっくり楽天カード弱、そして支払いはプリペイド式です

    また、LINE Pay(ラインペイ) についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

    さらにLINE Pay(ラインペイ) の面白いところとしては、銀行口座連携というところですね。

    チャージ、オートチャージも銀行口座から行うため、完全なる前払い式を実現しているんですね。

    さらに、使う場所についても困りません。LINE Pay(ラインペイ) はQRコードやバーコード決済を推進してはいますが、JCBブランドよプリペイドカードも無料で発行できます。

    プリペイド式で、全世界のJCB加盟店でLINE Pay(ラインペイ) は利用できるのです。

    お金を使った感は家計簿アプリで。

    もう一つ課題としてあった、お金を使った感ですが、こちらは家計簿アプリで解決しましょう。

    家計簿アプリはクレジットカードや電子マネー、LINE Pay(ラインペイ) ももちろん連携できます。

    アプリに履歴が溜まっていくので、しっかりと家計簿をつけているのと同じ状況になります。

    予算や収支もグラフでわかりやすく示されるので、お金のありがたみは感じられること間違いなしです。

    会計の瞬間に感じる支払いの重みは再現できませんが、それを違うタイミングで振り返られる、といった感じですかね。

    支払う瞬間の重みを感じるには…会計の瞬間に家計簿アプリを見てみるとかですかね(笑)

    ちなみに代表的な家計簿アプリはZaimやマネーフォワードというアプリで、コチラで比較しています。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。現金派のみなさんも、少しはキャッシュレスの良さが伝わりましたでしょうか。

    現金の良さをなるべく消さずに、支払いの手間や家計簿をつける手間を減らせるLINE Pay(ラインペイ) 、ぜひ使ってみてください。

    では。