友人から送金されたLINE Payのお金をどう使えば良いのか。

キャッシュレス
PR
PR

なんだかLINE Pay(ラインペイ)とやらを友人に送られてしまったが使い方がわからない。困るのだが、出来れば使いたい…

本記事は、そんな方向けです。

LINE Pay(ラインペイ)とは何?というところから、実際に使えるようになります。

PR
PR

LINE Pay(ラインペイ)って何?

LINE Pay(ラインペイ)は皆さんご存知LINEグループのLINE Pay社が提供する、決済手段です。

LINE Payの1番の魅力は、LINEで友人と繋がっているという利点を最大限に活かして、友人や家族、恋人間の送金が無料できるということです。

まるでスタンプを送り合うかのように、お金を送りあっても手数料はかかりません。一生無料です。

強いて言えば、通信量がかかるくらいでしょうか。笑

よくこの送金機能を広めたい!体験してほしい!ということから、送金を使ったキャンペーンをやっているんですよね。

だからきっと、君の友達はなぜかLINE Pay(ラインペイ)で送金したがったのでしょう…

ちなみにLINE Pay(ラインペイ)は送金だけでなく、QRコード決済、オンライン決済、請求書支払い、LINE Payカードによるカード決済など、非常に多くの選択肢のある決済手段です。

巷で騒がれているキャッシュレスの推進役として、大筆頭といっても過言ではありません

LINE Pay(ラインペイ)のサービス全体については、以下の記事で詳しく解説してますので、ぜひご覧ください。

関連記事:LINE Payとは?評判は?】LINEウォレットの使い方を解説【メリットや使いこなし方法】

LINE Payを使うには銀行口座登録が必要

実はもらったLINE Payって、バーコード/QRコード決済ではすぐに使うことができるんです。

使い方は簡単です。

LINEを起動して、『ウォレット』タブを開いて、コードをタップ!

それだけです。

現状の問題は、使える店がまだまだすこぶる少ないということです。

ただし、LINE Payや楽天Payなどコード決済提供業社が揃って、お店向けに手数料無料サービスなどをやっているため、今後急速に普及が進む可能性も大きいです。

いやいやでも、現状どこで使えるの?と思いますよね。そんな疑問には以下の記事で解説しています。

関連記事: LINE Pay(LINEペイ)のコード決済を利用できる店まとめ【オススメピックアップ】

ローソンと普段使う薬局、よく使うチェーン系の居酒屋があった方は万々歳です。

普及期間のこういうサービスは、ものすごく恩恵を受けやすいですからね。

でも、普通に考えてLINE Payて何が魅力なの?その疑問についてみていきましょう。

LINE Payの還元率は?

まずみなさん気にするのは還元率ですよね。還元率に関しては、楽天カードかどの高還元率のカードといい勝負という感じですかね。

LINE Pay(ラインペイ)の還元率は0.5%〜2.0%の間で、利用状況に応じて決まるような仕組みです。

公式の基準だと少し悪いですが、2018.9月現在は過去2ヶ月Payトクなどのキャンペーンで還元率10%などをやっているため、結果的におトクになっていたりします。

2018.9月現在の詳しい還元率については、以下の記事で解説しています。

関連記事:【改良?改悪?】LINE Payのポイント「マイカラー」新判定基準や変更点まとめ【2018/8/1~】

LINE Payは完全前払い式の決済手段

意外と気付かれていないですが、LINE Payの大きな魅力として完全なる前払い形式を取っている、ということがあります。

SuicaやPASMOのオートチャージ、楽天Edyのオートチャージなど、電子マネーって結局クレジットカードと連携させて、後払いなんだか先払いなんだかわからなくなっていませんか?

わたしもチャージの手間が無くなるという利便性が勝りそのようにしていますが、正直微妙に感じている方もいると思います。

もちろん、徹底的に節約だ!という方はポイントの二重取りで、稼ぐのも手です。

でも、せっかくのプリペイド式だし…と思う方には、LINE Pay(ラインペイ)は心底オススメできます

理由は、オートチャージもチャージも、銀行口座と連携する形を取っているからです。

チャージした瞬間に、銀行口座から引き落とされます。つまり、財布からチャージするのとなんら変わりないですよね?

そこにタイムラグはありません。具体的な銀行口座の登録に関しては、以下をご参照ください。

関連記事:LINE Payのチャージの方法は?LINEペイはクレジットカードではなく銀行口座登録!

LINE Payカードとどう違うの?

さっきからQRコード、バーコードの決済や送金の話をされているけど…LINE Payってなんかカードなかったっけ?

とお気付きの方もいますよね。失礼しました。

実はカードもあるのですが、今後はおそらく縮小していきたいというLINE Pay社の意向もあり、露出が減っている傾向です。

そもそもあまり普及していないのですが、LINE Payカードはプリペイド式のJCBカードというこれまた画期的なカードなんですよね。

ソフトバンクカードや少し前にきゃりーぱみゅぱみゅと所さんのCMを大々的にやっていたauウォレットと同じ仕組みです。

国際ブランドであるJCBカードが使える店舗であれば世界中どこでも使えてかつ、プリペイドなので子どもにも安心です。

関連記事:プリペイドカードとは?国際ブランドのプリペイドカードのメリットと比較

いやつまりですよ、商店街のような小さな温かみのある、消費税もかからないような駄菓子屋さん(ごめんなさい好きですよ)

以外、ほとんどの店で使えるといっても過言ではありませんよね。

LINE Payカードはどうやって作るの?

じゃあそんなすごそうなLINE Payカード、どこで作ればいいの?ってはなしです。

結論から申し上げます。

ここから即発行できます。

無料です。

クレジットカードの何倍も発行は楽です。なんせ、プリペイドカードですから

素敵なLINE Payライフを!

では。