プログラミング初心者に役立つスマホで学習になる記事は?

プログラミング
PR

プログラミングを学んでいると、色々な挫折を経験し、その都度ググったりしますよね。

私はつまずくとググるを繰り返ししてきて、誤ったコードを正すのと同じくらい、プログラミング入門者・初心者が読むべき情報がたくさんあるなと気付きました。

一応Progateやドットインストール、パーフェクトガイドなど、何を中心に学ぶかを決めて少しずつやっているけど、本当にこのやり方で大丈夫なの?もっと効率のいい勉強法はないの?もっとやるべきことがあるのでは?

そんな悩みがある人向けです。

私がRubyとRuby on Rails5を学んでいるので直接はRuby関連の記事にはなりますが、どの言語でも共通した内容がほとんどですので、ぜひ一読ください。

PR

ほとんどのプログラミングの入門者・初心者が挫折する

参考:プログラミング初心者がWebサービス開発に挫折する話

私はプログラミング学習を始める前の段階で3回挫折しました。その後、Progateに出会ってやっと入り口に立てたのではありますが、先行きはまだまだ明るくないと突きつけられましたね。

まだまだ初心者中の初心者とはいえ、既にある程度の時間を投入してプログラミングの勉強をしてしまっているため、挫折だけは勘弁です。

肝に命じているのは、次挫けそうになったら速攻スクールに飛びつくこと。笑

プログラミングの入り口に立てた実績があれば、ある程度のサポートでなんとか…なるはずです。

プログラミング歴1ヶ月でどのくらいできるようになるの?

以前、『プログラミング 1ヶ月 上達』『プログラミング 50時間 上達』そんなキーワードで検索しまくりました。

理由は日々のエラーコード修正や、なかなか理解が進まないプログラミング学習に少しばかり不安を感じて、どのくらいやれば先(エンジニア転職、フリーランス)が見えるようになるのか。これを知りたかったからです。

でも、1ヶ月にどのくらいやったかは人によりますし、さらに時間で検索しても全然結果は出てきませんでしたね。

ただし、間違い無いのは圧倒的にまだまだ時間が足りないということ。

参考記事: 【プログラミングが上達しないあなたへ】どれくらい勉強してますか?【1日1時間は足りない】

これ読んで頷くしかありませんでした。たしかに、プログラミングを習得するには最低200時間、エンジニア転職なら500時間とか700時間の学習が必要てよく言いますよね?

いやしかしですよ、よっぽどのホワイト企業じゃないと1日に3,4時間も勉強出来ませんよね。

私はある程度ホワイト企業ですが、家族もいるのでそこまでの時間は取れません。土日のどちらかは家族サービスなこともあり、平均してならすと1日1.5時間〜2時間、月間55時間くらいの学習ですね。

4ヶ月やればなんとか入門者脱却、初中級者になるというレベル感でしょうか。

悪質なSES企業なら入れそうですね。笑笑

プログラミング歴5ヶ月でどのくらいできるようになるの?

私の場合、5ヶ月やったところでProgateやRailsチュートリアルレベルの類似サイトを、自分で一からなんとか作れるレベルまでしかいかないでしょう。

と、思ったらですよ。

参考記事:プログラミング独学記録5ヶ月目 Ruby+Javascriptの基礎を学ぶ+Webアプリケーションを2つ作った

こちらでまだまだ目論見甘いなあと反省。少なくとも私よりは密度濃く学んでこのレベルなので、見よう見まねから一段階ステップアップするにはなかなか大きな段差がある模様。

もちろん上達の速度や投下している勉強時間にももちろんよりますが、継続の難易度だけでなく上達の難易度まで高いと思い知らされますね。

効率良く学ぶ方法は?結局大切なのは?

じゃあ結局どうやって効率良く、なるべく最短で学べるんだよって話ですよね。

結局のところ、細かなテクで学習範囲やどれを学ぶかの選定ではなく、プログラミングができる人がどれだけ近くにいるかというのが最も重要。とのこと。

ここまで必死に一人で会社にも内緒で頑張ってきたのに…(エンジニアもいるのに)

参考記事:【初心者】Ruby on RailsでWEBアプリを開発できるようになる最短フロー

参考記事:Ruby習得に3ヶ月かかった僕がプログラミング学習で必要なことを挙げてみた

あとは信頼できる一冊、これは手元に用意しておきたいですね。

基本的にググるからいらないでしょ。と思っていたのですがやはり書籍は書籍で置いておいた方がいいですね。

リファレンスとしての拠り所がごちゃごちゃしていると、知識もまばらになりがちですからね。普段学ぶネット教材で、どこがはしょられているかなんかもわかって全体像把握にもなりますからね。

きっちりとやって行くんだというモチベーションまで上がったら、用意をするでいいと個人的には思います。

いやはや、私はたまたまエンジニアが近くにはいますが、(知り合いではない)そうでない方の方がむしろ多いですよね。

異業種として目指している方が多いわけですから。

そんな方に必須なのが、TerraTailsですね。プログラマー用の、知恵袋で、日本企業が運営しているので日本語で安心です。

わからないものを突き詰めて直すことで伸びるのは間違い無いですが、挫折しては元も子もないですからね。

質問をするというのもわからないところを整理する上で上達に役立っていると感じています。

初心者タグもあって、それをすると車の初心者マークをつけているのと同じような感覚で、世界が優しくなります。笑

まとめ

結局のところ、いかに挫折しないような仕組み、学習環境を整えるかがかなりの割合を占める重要な要素だと改めて実感しました。

どこかで挫折しそう、いやもう挫折する寸前!そんな気分になったらすぐプログラミングスクールを活用しましょう。

プログラミングは投資になりますからね。結局エンジニアにはならなかったとしてます、間違いなく資産になります。

では。