転職して3ヶ月で辞めたのに次の転職活動がうまくいった理由。

キャリア
PR

転職したい理由があって、それを実現するために転職を実行しますよね。でも、なかなかうまくいかないこともあるのが現実。

私は転職で実現したかったことができずに毎日モヤモヤしながら仕事をしていて、辛い時期がありました。

結果的に転職後3ヶ月で辞めることになったのですが、その後の転職活動でも全く苦労しませんでした。

今回は、転職したけど失敗したかも。転職してむしろ辛い。転職失敗した!!!と悩んでる方向けです。

私が3ヶ月で退職して転職活動をしたけど、全く苦労せずに済んだ理由をご紹介します。

PR

理由1:転職しての気付きが明確だったから

まず一つ目の理由としては、私が転職しての気付きが明確であったからです。

何かと言うと、私はなんで転職で失敗してしまったのか、それを徹底的に振り返って考えていました。

確かにやりたいことは出来ていなかったし、言われていたことと違うなどでミスマッチは明らかだったんですよね。

でも、その原因てなんで起きたんだっけ?

これを徹底的に突き詰めることで、見えてくるものがありました。

さらに振り返ってみればいいことでもあるのですが…

当時辛かったのはさらに、今まで自分の意識していなかったけど大切にしたかったことが浮き彫りになってきたんです。

前職で意識はしていなかったけど、実は自分にとって恵まれていたような環境。転職してみると見えてきたんです。

そんなこと、採用する側もわからないし、採用される側もわからないですよね(笑)

だからこそ、転職して気付けたのは大きなプラスなんです。

理由2:その気付きがむしろアピールポイントになったから

私は、前回転職活動で問題になったコミュニケーションロスであったり、改めてわかった自分の価値観を、転職活動でさらけ出しました。

これが結果的に、自分の弱み的な部分を話しつつ、自分とはこういう人間だということをよりシャープに伝えることができました。

なにも万人に受けることを言う必要は無いんです。

その会社が大切にしたい価値観と、合えばいいんです。面接に進んでいるなら少なくともスキルは最低限あるわけですからね。

理由3:転職から退職、そして再転職までのストーリーが明確だったから

早期の退職で懸念となるのは、やっぱり採用してもまたすぐ辞めてしまうのではないか、と言う点ですよね。

でもそれって結局、「この人はどんな人か」というところがうまく表せれば解消できるんですのね。

つまり面接官に「あ、だから転職したし、その会社じゃやっぱりうまくいかないし、でもそれならうちならやっていけそう!ラッキー」と思わせれば勝ちなんです。

今までやってきた経験・スキルの範囲での転職ならば、自分を徹底的に見つめ直して説明できれば、合う企業があれば絶対に苦労しません。

スキルアップして転職する方法もある!

ただし、今紹介した手法だと、あくまで今の等身大の自分で攻めることになります。

もう少し違う世界に、新しい力を身につけるというのも一つの手ですね。

例えば私は次の転職はうまくいきましたが、結局自分の思う働き方であったり、やりたいことを実現するには、技術を身につけるしかないという結論になりました。

今さらプログラミングを始めておりますが、これが現職のモチベーションにもつながって好循環です。

では。