大学生で貯金がしたいけどできない人必見!貯金できる人になる方法

キャッシュレス
PR
PR

貯金ができる人。たまーにいますよね、なんだか知らないけどお年玉を丸々貯金して貯めていくとか、計画的にいくらは貯金、みたいにしっかりしている人。

でも、ほとんどの人がそうではないですよね。私もそうでした。全くできていませんでした。笑  今回は、バイトもがっつり初めてお金に少しずつ余裕ができてきたけどなんだか貯金はできない・・・でもしたい!  そんな人向けの記事です。

PR
PR

貯金をするための前提として大切なことは?

貯金をするために大切なことはなんだと思いますか?

よくある回答で、「節約」と言うものがあります。間違いてはないのですが、なんとも正解ではないんですよね。確かに、超長期的に見ればその習慣で大きな差が出てくるのは間違いないです。

でも、数年やって数千円の日々頑張る節約では、1つ無駄遣いをしてしまってもうおしまいですよね。笑

私の回答は、「お金の流れを把握すること」です。是非これからは、これを意識してみませんか?

じゃあ、どうやってお金の流れを把握するんだって話ですよね。マメに小遣い帳を書くことができていれば、苦労しませんよね。笑  大丈夫です、私も小遣い帳なんて書けたことありません。笑

お金の流れを把握するためには?

この時代なので、簡単にお金の流れを把握する方法があります。もちろん理想は何にどれくらい使って、、、、みたいな管理ですけど、気が遠くなりませんか? いや私は少なくとも、そんな作業をしていたら日が暮れてしまうし精神的に参ってしまうんじゃないかと言う気分ですよ。

そこでオススメしたいのが、家計簿アプリです。家計簿アプリなら、アプリで簡単に小遣い帳をつけることができます。しかも、ガサツでも最低限は担保されるんですよね。たまーに管理するだけでも最低限は大丈夫です!

なぜそんなガサツでも大丈夫かと言うかと、銀行口座と連携ができるんです。記録的には、収入(バイト代など)がこれだけあって、あなたはこれだけ使っています。と言うデータが少なくとも残ります。

だって、そもそも私は、月間で結局収支がプラスなのかマイナスなのかも、曖昧でしたね。もちろん旅行やイベントなどで圧倒的なマイナスの時もありましたし、多分プラスであろうと言う日もありました。でも、全く把握してなかったんですよね。

さらにデータが連携されるだけでも、何が原因でプラスなのかマイナスなのか、意識を芽生えさせることができるのです。 つまり、記憶の限りで振り返るようになるんですよね。

アプリに口座の収入支出が連携されて、その原因を考える。そのプロセスができるようになるだけでも、かなり成長ですよね。

さらに一歩先を目指したい方は、マメになればいいのかと言うと、意外とそうでもありません。

どうやっていくかと言うと、さらにアプリを活用していくんです。ちなみに家計簿アプリはどれも優秀なのですが、Zaimかマネーフォワードが2大アプリです。

その中で特に、Zaimが個人的にはオススメです。以下の記事で比較してみましたので、是非ご覧になってください。

【Zaim vs マネーフォワードの比較】使いやすいのは?両方の経験による性格別オススメ!
私はマネーフォワードを過去4年使っており、Zaimも使い始めて半年以上が経過しています。本記事では家計簿アプリで人気のZaimとマネーフォワードを使った体験を元に比較し、さらにアプリの性質をもとにどちらがオススメできるか考えてみました。

クレジットカードや電子マネーを使うとガサツでも大丈夫

さらにアプリを大活用ってなんだ?って言うところをみていきましょう。 もちろん、ここまでざっくり収支を確認するクセをつけることができたのであれば、もしかするとこまめに記録するまで目指しても大丈夫かもしれません。でも、楽にできるに越したことはないですよね?

そんな方にオススメなのが、クレジットカードや電子マネーの家計簿アプリ連携です。 FacebookやTwitterにログインするような感じで、銀行口座の残高やクレジットカードの使用履歴を確認することができますよね。 連携先にもよりますが、ログインIDとパスワードを入力することで、家計簿アプリと連携することができます。 銀行口座だけでなくクレジットカードや電子マネーまで連携することで、さらに履歴を自動連携できると言うことです。

私個人としてはLINE Payと言う決済手段をもっともオススメしているのですが、まだまだ馴染みがないですよね。 であればクレジットカードですが、大学生も入手しやすくポイントも貯まりやすいのが、やっぱり楽天カードです。

楽天カードの申し込み・詳細はコチラ

楽天カードの入会ハードルがとても低く、大学生でも人気のカードですよね。クレジットカードは使いすぎに注意とよく言われますが、このようにお金の流れを把握するために使うのであればそんな心配はないかと思います。

それでも心配な場合は、デビットカードや楽天Edyなどの先払いの決済手段もオススメです。 以下の記事でも、デビットカードってなんぞやと言う疑問にお答えしています。

【デビットカードとは?】デビットカードのメリット・使いこなし方【デビットカードはクレジットカードではなく現金と比較しよう】
デビットカードは銀行口座を財布にします!簡潔な解説からその使いこなし方法まで,丁寧にお伝えします。クレジットのポイント還元率と比較するのではなく,現金と比較しましょう。

これらを家計簿アプリに連携することで、口座残高の連携に加えて、日々のお金の使用履歴まで把握することができるというわけです。

クレジットカードばっかり使ってらんないよ!と言う方はデビットカードや電子マネーを駆使して、現金を極力使わないようにしてみてください。

私は吉野家やラーメン屋にいく時くらいにしか、現金は使わないレベルです。

まとめ

貯金ができる人。たまーにいますよね、なんだか知らないけどお年玉を丸々貯金して貯めていくとか、計画的にいくらは貯金、みたいにしっかりしている人。

でも、ほとんどの人がそうではないですよね。私もそうでした。全くできていませんでした。笑  今回は、バイトもがっつり初めてお金に少しずつ余裕ができてきたけどなんだか貯金はできない・・・でもしたい!  そんな人向けの記事です。

いかがでしたでしょうか。このようにお金の流れを把握することが、貯金への第一歩です。具体的にどのように貯めるかといった観点はこの先の話なので、まずはこれらを実践してお金の流れを把握していける状態を作っていきましょう。

お金の流れがわかり課題がわかってからこそが、貯蓄ライフの始まりです。

では。