ゆとのプロフィールはコチラ

【徹底比較】QRコード決済とSuica(非接触ICカード)

サービストレンド
PR
PR

2018年は、QRコード決済関連のニュースで賑わっていますね。

でも、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードのほうが便利なんじゃないかと思っている方も多くいると思うんですよね。

本記事は、そんな人向けです。

読み終わった頃にはちょっとだけ、使ってみても良いかも?と思ってますよきっと。

PR
PR

支払いにかかる手間は交通系ICカードの勝利…

正直、この点においては勝ち目はありません。。。

ここの支払いのその瞬間の体験に関しては、Suicaなどの交通系ICカードは極限まで快適さを極められていると思います。

QRコード決済のUXが勝つとすると…指かなんかにQRが表示されるような感じですかね? そしたらもはやQRコード決済の必要性すらなくなるので…

シンプルに支払おうと思った瞬間から、支払うまでの体験はSuicaに勝てません。

じゃあ何が勝てるの?て話。

それを、みていきましょう。

家計簿アプリ連携は各種QRコード決済の大勝利!

今時の家計簿といえば、家計簿アプリですよね。クレジットカードや電子マネーなど、自動で連携できることが大きな魅力ですよね。

Suicaも、もちろんZaimやマネーフォワードといった人気の家計簿アプリと連携できます。

でもですよ。

購買情報の詳細が全くないのです。

物販、または交通費(交通費は詳細あり…)

ビックカメラで大きな買い物をしても物販、コンビニで買い物をしても物販、つまりちゃんとするには後日の編集が必須なんですよね。

でも、Suicaでチャチャっと買いたいにも関わらずレシートを残すって、極端な話なんだか本末転倒ですよね(笑)

その点、LINE Payや楽天ペイといったQRコード決済を前提としたサービスは優秀です。

家計簿アプリ連携を利用するのであれば、メインの支払いはQRコード決済のほうが勝利ですね。

(ただしQRコード決済が爆発的普及をとげたら。。。)

QRコード決済が普及するのは時間の問題?

先程メインの決済手段にはSuicaより、QRコード決済がオススメと申し上げましたが…

現状だと、正直無理です。使えるところが圧倒的に少ないですから。笑笑

店舗向けの記事でないのでサクッと行きますが、店舗メリットがすごく大きいんですよね、QRコード決済。

画面表示ができますからね。

クレジットカードのよくある機械、Infoboxとかなんとかいう機械、いらないんです。普通に導入コストが低すぎますよね。

屋台で余裕で導入できます。

そのハードルの低さに加えて、各社必死こいて導入推進、そして政府までが協力的になっています。

ということで、QRコード決済が使える店が増えることは間違いないでしょう。

決済スピードでは負けるが、他で勝てる?

コンビニやスーパー、薬局のど普段使う店で最も不快になるのって、どこにありますか?

クレジットカードやSuicaを使えば決済をするその瞬間でのUXは極限でしょう。

でも、リアルな店舗で実際に買い物をするときの嫌なところって、レジの行列じゃないですか?

それを先行して解決しているのがAmazon GOですね。でも、業態によっては十分にQRコード決済でも似たソリューションになると思うんですよ。

決済にかかる時間はSuicaに若干負けますが、ほぼ0秒ですね。

それを、セルフレジ的な画面で行うんです。コンビニだったらすぐ出来そうですよね。

極端な話、商品のバーコード読み取りで支払えちゃっても良いと思うんですよね。

この辺りは各社や世の中の流れによる話ではありますが、QRコード決済がきっかけで買い物のUXが高まることは十分に考えられます

いかがでしたでしょうか。ほんの少し、QRコード決済に愛着が湧いてきたんじゃないでしょうか。

ちなみに、私はQRコード決済での買い物を始めてしたときは本当に感動しました。

中学生のときSuicaを始めて使ったときのような気持ち良さですね。

そういった意味でも、他の人より先に試してみるのも良いかもしれません。

では。