ゆとのプロフィールはコチラ

夫婦の家計共有はアプリで間違いない!家計簿アプリZaimのご紹介。【同棲でも可!】

サービストレンド
PR
PR

恋人の結婚を同棲を始めた!結婚して一緒に住み始めたけどお金のことをすっかり話し合うのを忘れてた。そんなことは少なくないかと思います。

今回は、全財産共有は嫌…じゃあ共通の財布をつくるの?どうやって良い感じにお金を共有すればいいの?というあたりに悩んでる人向けです。

では、見ていきましょう。

PR
PR

共有財布の作成は必須?

夫婦でも最近は別財布という家庭は増えていますよね。個人的には全財産共有というのはなかなかハードルが高いと思いますし、同棲であれば持ってのほかです。

じゃあ共通の財布を作ろう!といいう解決手法はあり得ますが、荷物は増えるし財布をどちらかが持っているので、結局建て替えたりする羽目になりますよね。笑

この質問に対する私の回答は、リアルな物体としての共有財布は不要です。

え?どういう意味?と思いますよね。それを説明していきますね。

財布なかったらどこかに記録するの?

え、じゃあどかに記録をするの?エクセル?という感じに疑問は広がりますよね。

もちろん、エクセルなどで地道に管理できる方はそれはそれで良いでしょう。

でも、それはかなり労力がいることが容易に想像できますよね。それなら大雑把なリアルな財布がいいよ…ともなりかねません。

そこで私がオススメするのは、Zaimやマネーフォワードのような家計簿アプリです。

家計簿アプリを、個人で使うのではなく夫婦や恋人と共有して活用するのです。

銀行口座自体は共有することが必須ですが、使用していない口座があればそれでも構いません。

共有口座をつくって、そこを中心としてお金の出入りを記録していきましょう。

お互い月いくらと決めて、その口座に入れるのです。

各種カード連携ができるZaimが楽々?

でも家計簿アプリってレシート撮影して記録していくやつでしょ?精度悪いし結局入力面倒だしなあ…となる方もいると思います。

ちなみに私もそうでした。でも、今時のレシート読み取りの精度、驚きますよ。

さらには、現金の支払いは最低限に抑えるようにキャッシュレス化を進めれば、ほとんど手間なく家計簿アプリと連携することができるのです。

ネットで銀行口座の残高確認や、クレジットカードの支払い履歴を確認したことはありますか?

連携に必要なのは、その時に必要なログイン情報です。

ちなみにメガバンクは入念傾向、ネット銀行は楽々傾向があるので注意です。

共有用の財布ではなくカードをつくる

共有用に、クレジットカードやデビットカード、電子マネーなんでも良いので、共有口座と紐付けた支払い手段を作りましょう。

財布で現金派の皆さん、このハードルだけはなんとか突破してください。

一度手間をかけてカードや電子マネーで共有ができれば、恐ろしいほど夫婦間のお金のやりとりが楽になります。

現金支払い派でもZaimで決まり

ちなみに現金派の人もZaimがオススメです。

先ほど感動しますよ、と申し上げたレシート撮影ですが、その感想はZaimを使用してのものです。

正直今あるどの家計簿アプリでも、機能性はおそらく困らない程度にはあると思うんですよね。

でも、やっぱりレシート撮影や、その他の履歴を見るときなんかの見やすさなど、細々したところでZaimが使いやすいので個人的には好きです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お金の共有部分は、口座を中心としてその出入りを記録すること。それを月一で立て替え分精算すれば十分です。

その上で、現金を使う習慣を極力減らせば記録の手間がほぼ0になるということです。

私の具体的な家計簿アプリの活用法は、別途解説しますね。

家計簿アプリで迷う方は、コチラもご参照ください。二大勢力であるZaimとマネーフォワードを比較してます。

【Zaim vs マネーフォワードの比較】使いやすいのは?両方の経験による性格別オススメ!
私はマネーフォワードを過去4年使っており、Zaimも使い始めて半年以上が経過しています。本記事では家計簿アプリで人気のZaimとマネーフォワードを使った体験を元に比較し、さらにアプリの性質をもとにどちらがオススメできるか考えてみました。