クレジットカードはお会計いくら以上から使うのが良いの?

キャッシュレス
PR
PR

クレジットカードを初めて作った方、またはこれから使う方、どんな支払いにクレジットカードを使うか悩みますよね。

なんかお得らしいと作ったかたもいるかもしれません。とりあえず作ったかたも多いかと思います。

今回は、どのクレジットカードがお得か!!!という趣旨ではなく、クレジットカードをどんな使い方すればいいのか、特にどのくらいの頻度、いくら以上の買い物で使うべきか、こんなところに悩んでいる人向けです。

では、みていきましょう。

PR

カードのメリットはほぼどこでも使えること

クレジットカードをはじめとしたカード支払い、電子マネーのメリットはどこでも使えることですよね。
その中でもクレジットカードの特徴は後払いなところと、ポイントがたまりやすいと言ったところでしょう。

クレジットカードを金額問わず大活用すると、財布を軽くし、銀行に行く回数も圧倒的に減るでしょう。
ただ小額決済までクレジットカードを使っていくと、どのくらい使っているのかよくわかんなくなってしまうというデメリットもでかねません。

ここの解決策としては、使用した瞬間から口座から引き落とされるデビットカードの利用や、前払い式の各種プリペイドマネーを併用することがオススメです。

特に、LINE Payは銀行口座と直結したオートチャージまであるプリペイド式の決済手段なので、これからの普及が期待されています。

前払い式の決済手段で細かいところは済ませて、クレジットカードも含めて家計簿アプリで連携すれば解決ですね。これで履歴は常に確認できます。一度ログインすればログインしっぱなしの状態になるので、クレジットカード会社のページへログインするよりよっぽど気軽に使用履歴が確認できます。

家計簿アプリの有名どころであり2大巨塔であるZaimとマネーフォワードについては、こちらの記事で比較しています。どっちか使ってみては?というのが正直なところです。

これらの対応で使いすぎであったり、どのくらい使っているかよくわからなくなる、といったところは解消されること間違いなしでしょう。

どんな決済額でも使う前提で、きになるかたはこういった対策をしていきましょう。

おさらいです。

・使いすぎ対策には前払い式のデビットカードや電子マネーを活用!
・使用回数が増えて煩雑になるのは、履歴を全て連携できるZaimなどの家計簿アプリで解決!

でも、クレジットカードといったら暗証番号やサインの手間がありますよね。これをできる限り解消していきましょう。

署名の手間なく使えるのはどこ?

最近は大部分のショップが4桁の暗証番号で対応可能になり、かなり手間は減っているのが現状です。ただし、まだまだサインを求められるお店も多いですよね。まずは、署名を比較的求められないお店とはどのようなお店か、ご紹介です。

厳密には1万円以上は要署名など決まっているのだとは思うのですが、基本的に署名なしが多い業態をご紹介です。

スーパーマーケットは比較的サインレスでサクサク!

スーパーマーケットって、結構サインレスなんです。やっぱりレジが混雑するのもあって、なるべく早く回したいんでしょうね。多くの食料品を持って財布からお金を良い感じに出すのってなかなか手間ですよね。

スーパーの会計はクレジットカード、ならびに電子マネー(WAONなど)がとても有効な事例ですね。最近だとセルフレジも増えてきており、さらにクレジットカードが有里な感じになっているのが世の流れな気がしています。

逆になぜか知りませんが、ドラッグストアでは未だ署名をしっかり求められる印象です。私のやり方としては、クレジットカードやデビットカードを使って面倒だった店で、支払いを電子マネーにしている傾向が強いです。(Suica、Edyなど)

コンビニエンスストアも署名不要で楽々

あとはコンビニも、署名なんて求めてきません。タバコを買うのにはなんだか一回画面をタッチしないといけないような仕組みの中、クレジットカードにはだいぶ優しいのがコンビニ各社です。笑

クレジットカード以外でも高速決済が可能なコンビニなので、小額決済のメイン手段にしたもので、支払うのが吉という感じですね。

(私はセブンイレブンはnanaco,ファミマではEdy、ローソンではLINE Payと分けていますがあまりオススメではありません。笑)

ぜひ、よく使う店では一度クレジットカードを出してみることをオススメします。その上で、ここは署名がいるな、とか確認していくと効率的に分類していくことができます。ちなみに私が今現金を使うのは、割り勘でどうしてもの時とラーメン屋くらいです。笑

署名自体の手間をなくすには?

やばい、普段買い物をする店だいたい署名を求めてきそう・・・そんな方にも朗報です! いや、ちょっと遅かったらすみません・・・クレジットカードの署名、もう書いてしまいましたか?

クレジットカードの署名を工夫することで、署名を求められた時も楽々な支払いに変身させることができるのです。おそらく9割以上の肩が、フルネームで署名してますよね?そのほとんどが漢字で。

フルネームな必要も漢字な必要もないの、知っていましたか?「クレジットカード 署名 なんでも良い」などで検索してみてください。全くそんな決まりはないのが見えてくるでしょう。

そこで私がオススメなのが、やっぱり馴染み深いイニシャルですね。ドット入れても3文字で終了です!へのへのもへじでも、ニコちゃんマークでもなんでも良いんです。

一応真似されないようにオリジナリティだけ出して、簡潔な署名を作ってみてください。

署名ストレスから解放されますよ。笑

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まず心がけたいのが、
クレジットカードにこだわらずに他のデビットカードや電子マネーも併用する心を持つこと。
また、使用感や履歴を漏らさないようにZaimやマネーフォワードのような家計簿アプリを活用すること。

そして、署名を求められない店をリサーチし、署名自体も簡単にしましょうというお話でした。

みなさまが快適なキャッシュレスライフをスタートできますように。

では。