アプリでスキマ時間4日分だけでプログラミングの基礎基本が習得できて驚愕。【Progate】

プログラミング
PR
PR

Progateというプログラミング学習アプリ/Webサービスに出会って4日。Progateを見つけて、私は三度も挫折したプログラミング学習を「始めること」に成功しました。

三日坊主とかいうレベルじゃないですよ。本屋でちょっと立ち読みしようかな…で挫折です。動画サイトで3分の動画をいくつか見て…何もできるようになることはなく…挫折です。

こんなにも始めることにハードルが高い学習があるのか!!!と半ば驚きもありつつ、諦めていました。

今回はそのProgateというプログラミング学習アプリ/Webサービスを使って4日間のスキマ時間を使って、どのレベルまでプログラミングができるようになったのかご紹介します。

PR
PR

スキマ時間、どのくらいの時間を費やした?

まずはスキマスキマと言いつつめちゃめちゃやったんじゃないの?というところです。

学習管理アプリのスタディプラスで学習の記録をしているのですが、およそ7.5時間らしいです。

まあ一日働いた分より、少し短いと言った時間でしょうか。

この短時間で、納得できるレベル以上まで引き上げることができました。

選んだのはRubyとHTML&CSS

本当はSwiftでiOSアプリをガシガシ書いていきたいなとも思ったのですが、まずはわかりやすい(らしい)Rubyにしてみました。

合わせてWebサービスをつくるにはHTML&CSSなのでそれも並行して…

書籍でいう、説明パートを完遂レベル

なんせ書籍での独学は目次と序章くらいで挫折しているのですが…

項目でみると、知識的なパートはすべて網羅されているレベルでした。

書籍の構成としては説明パートをがっしり取り扱ったあとに実際の制作に移ることが多いのですが、Progateは初めから作りながら学べるのも良いところですよ。

ちなみにRubyはレベル1〜5まで用意されているのですが、全てクリアしました。

じゃあなんかプログラミング書いてよ。みたいな無茶振りはまだまだキツイですが、ここに出ていたような問題であれば、答えられます。

ただ、コロンがどうのとかカッコがどうのとか、細かいところは調べつつですね。。。

そういう意味だとなに書いているかわかるっていうのが間違いなく断言できるところですね。

書いてあることがわかるレベルになればあとは書くのみ。

このレベルまでいくと、本当に気持ちが楽になります。

なんていうんですかね、英語学習で言うところの、何言っているかだいたいわかるようになってきた!というブレークスルーに似ていますね。

何もわからないと右も左も何にも、わからないですが、今は視野狭めに右と左がわかるって感じですね。

多分ここからは書籍や演習的な課題のあるサイト、または作りたいサイトを作ろうとしてみて…

つまづきながら学んだり、慣れていくのが良いなと思っています。

ちなみに、まだRubyとHTML&CSSで、何が表現できて、何ができないのかなどの感覚はあまりありません。そういうところの感覚も、このあと養っていかないといけませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。プログラミング学習は、ちょっとほかの学習とは毛色が違います。少なくとも私はそう確信しています。

大学院までさほど勉強にはつまずかなかった私が、三度挫折したプログラミング学習。

自分に合ったプログラミング学習を見つけることが出来れば、誰でも可能性はあります。

諦めずに、時に方向転換など工夫して学習してみてはいかがでしょうか。

ちなみにProgateはオススメです。

では。