「Progate」の感想…入門には間違いなく素晴らしい【プログラミングアプリ】

プログラミング
PR
PR

近年、無料でも有料でも、プログラミング学習サイトが盛り上がってますよね。

数ある中でも、東大生が作ったアプリで直感的にできるアプリデザインもオシャレという評判を拝見して気になった、Progateというプログラミングアプリを試してみたのでご紹介です。

結論から申し上げると、入門には間違いなくおすすめできます。(入門には、と限定な表現にしたのは、まだ私が未経験者としての意見で、プログラミングができる人でもないからです。

ちなみに今まで、動画学習と書籍での独学を始めようと検討して、3回くらい挫折しているという過去があります。

前提として私は理系出身で、大学の授業でわずかにプログラミングに触れたことがあるレベルです。。。ちんぷんかんぷんでしたが。笑

PR
PR

こんな心境の人にオススメ

例えばプログラミング始めてみたいけど、どうなんだろう…自分にできるのかな? 絶対難しいのはわかっているんだけど、その教材でやり切れるのかなあ… みたいな心境の方ですね。

もちろん色々な魅力があります。その中でももっともお伝えしたいのは、能動的に進められる形式でいて、ハードルを極限まで下げてくれているからです。

動画の授業で話しながら聴くと理解はたしかにしやすい気がするのですが、結局プログラミングは能動的に書いてみる作業が必須です。

動画学習でちゃんとそれをやれば良いのですが、意外にうまく動かなかったりして、挫折しがちなんですよね。

やれればなんでもいいんです。私は動画では別途勉強時間を確保すること、確保してもアウトプットに苦戦して挫折しました。

独学はもはや論外です。読んでなんとなくわかる気がして、書こうとしてみるとエラーになりまくり、書籍なので検索性もなく、結局ググることになるんですよね。

逆に言えば、プログラミング入門者のの挫折ポイントなんて、溢れるほどネットにあるということでもあるのですが…

どんな勉強の仕方だったら継続できる?

なんの勉強でもそうなのですが、続けることが上達の近道というのは明らかじゃないですか?

だからどの教材が素晴らしいのか。わかりやすい記述、表現なのか。これももちろん大切なのですが、検討する際は以下のような観点を持つことをオススメします。

どうしたら自分が続けられるのか。どこに注力したら、どこにお金をかけたら続けられるのかが非常に重要です。

大人になっても、多分根本は変わってないですよね?

やると決めたらなんでもやり遂げられるのか。外的な目標(あの大学行ったらモテる)で頑張れるのか。先生?と一緒に二人三脚でやるのが良いのか。友人と高め合うと頑張れるのか。

計画性があるのかとか、自律性がどうのとか真面目な観点ももちろんありますが、どんなやり方が過去、うまくいっているか改めて把握しましょう。

ちのみに私の場合は授業は苦手でできる限り自分でやりたいのですが、モチベーションは競争だったり評価されるところにありましたね。

受験勉強はおのずと周りも頑張っていますよね?だから自然と頑張っていたのですが、ブログもプログラミングもみずから入っていかないとそんな環境にはなりません。

教材から少し離れましたが、こういった勘所はとても大切だと思うので、ご紹介しました。

Progateの学習の流れはインプット→アウトプットの繰り返し

Progateというプログラミング学習アプリは基本的に、スライドを読む進めてインプットを進めます。

インプットがスライド学習だから自分で簡単だなと思うところは飛ばせますし、じっくりとみてみることもできます。

これはまあ、こんなもんです。わからなければググればいいし、この時だけドットインストールに頼ってもいいでしょう。笑

演習の手間を極限まで減らす工夫がすごい

そしてその後、演習として学習内容の確認をするんですね。ここが肝です。

今まで私が何に苦戦してしていたかというと、余計なところに時間がかかりすぎるというところだったり、そもそも環境設定?開発環境を整えるところでもう挫折したりしていました。

この演習方式だと、キーボードの作りがものすごい工夫されてますね。

入力せずとも、塊ごとに入力ができるんですね。

さらに、行(というよりブロックかな)ごとにも、正しいと枠が緑になり正解と案じてくれます。

左下のボタンから簡単に講義のスライドを参照することもできて、この演習との行き来もものすごいスムーズです。

ゲーム的なモチベーションの高め方がうまい

終わるとこんな感じで褒めてくれます。なんだか質素な褒めが多い中、こんな褒められたらちょっとありがたいですよね。

これは最後の最後なのですが、ポイントポイントでも成長実感ができる仕組みがあります。

一つの講座的なくくりの中で、こんな感じで講義が分かれています。

一回の取り組みがアウトプットまで入れてほんの3,4分くらいなので、ほかのサービスに比べて褒められるサイクルが非常に早いです。

できた!という体験をどれだけ早く経験できるか、その繰り返しというのは思った以上にモチベーションになるんですよね。

さらに、レベルはユーザー同士競わせる形にもなっていて、友達追加などもできます。

まだプログラミング学習友達は出来ていないですが、このへんを活用すれば切磋琢磨しながら競争することもできるというわけですね。

まとめ

話題のプログラミング学習アプリ、いかがでしたでしょうか。

実は入門の後まで続けたい場合、月1000円くらい取られる有料会員になるのが必要らしいです。

検討していたところ、Web版ならばもう少しできるのか?!ということがわかったので、しばらくはWeb版で学習してみたいと思います。

プログラミングネタの記事も増やしていきますので、よろしくお願いします。

では。