会社の同期と付き合うべき?距離を置くべき?

キャリア
PR
PR

よく同期との距離感について、ビジネス書でも言及されますよね。同期は財産だだとか、同期と付き合うと成長しないだとか…

今回は同期とどう付き合っていくべきか、まで言うとおこがましいので、私はこう考えています。こういう考えだったら、付き合っても良いのでは?というところをお伝えします。

PR
PR

馴れ合いの同期付き合いならいらない

多くのビジネス書などで言われているのは、この観点ですよね。

ここには私も激しく同意します。

職場の愚痴をただいうだけの関係ならば、最低限で済ませた方が良いと思います。

これは普通に同期に限ったことではなくて、マイナスな発信をするコミュニティにいると、なんだか会社や仕事に対して少なからずマイナスな感情を持ってしまいますよね。

前向きな話ができる関係性であれば、どんどん付き合って良いと思います。むしろこれは同期に限った話じゃないですよね?

どうしても勤続年数を伸ばしたいなら同期と一心同体になろう

私は会社を辞めることになんの抵抗もないのであまり関係ないのですが…

とは言っても、その会社に勤め続けたいのであればやはり同期は心強いものになります。

こういう支えとして同期を頼るのであれば、それはそれで良いとは思います、

愚痴はほどほどに、プライベートを含めて希望のある話をしましょうね。

結局、どっちを優先するかだとは思うんですよね。上述のように、私は同期とともに続けようと頑張るなんて関係性はあまり作ら無かったんですよね。

だからやっぱり普通に辞める選択肢が出てきました笑

でもやはり同期、それだけでなくどんどん会社に入り込むようにすれば、辞めにくいし辞めるという選択肢が生まれにくくなりますよね。

ただこれって良いようで悪い面もあって、個人的にはあまりオススメしません。

自分の人生を生きたいのに、そういった外的要因で判断が鈍るからです。

もちろんそれも含めた上で、私はともに働く人を大切したいんだ!などであれば、そういった選択肢も素敵ですよね。

同期と付き合うことで視野が広がる

私の場合はバックグラウンド的に全く異なる業界ではあるが、非常に強い興味関心はある業界に就職をしました。

よく言われるのが同期と付き合うと視野が狭まるとか、広がらないとか、似た人の集まりだというようなことかと思うのですが、私の場合はそれは一切ありませんでした。

確かに似た思考、似たような人たちで集まるのは楽かもしれません。でも、あまり新しい発見はないと思いますよね。

私の場合は興味はあるが人脈も知識もない業界に飛び込んだので、同期からものすごい分量のインプットができました。

そして今後この業界でなにかしたいと思ったときに、なにか助け合えるような関係性まで築くことができたと思っています。

私のような環境であれば、同期とがっつり信頼関係を築くのも悪くないと思いませんか?

新しい事業をやる可能性もあるし、どこかの会社に引っ張ってくれる可能性もなくはありません。

自分の力で生きていきたいんだ、みたいな気持ちもありつつ、こういう信頼関係っていいなと思うんですよね。

辞めた後も繋がれる関係性がグッド

私は辞めた会社の人にも多く未だにあっています。

おいおい未練タラタラなのか?と思うかもしれませんが、そうではありません。

一度業界を離れましたが、そこでいつかまた事業をやりたいと思っているからこそ、つながりを大切にするんです。

そして、周りにも会社を離れた人が多くいます。そんな人たちがある一つの業界への思い入れがあるという共通点で繋がっているんです。

同じ会社の同期というある程度同質な集団で馴れ合うより、”元”同期で色々な今がある集団のほうが、よっぽど何か生み出すパワーを感じざるを得ないですよね。笑笑

今日は久々に同期に会ってきたので、想うところを記してみました。

では。