スターバックスとタリーズを同時に見かけたらほぼスタバに入る理由【カフェ比較まとめ】

トレンド
PR
PR

私は嫌煙しているカフェはないと言っていいほど、どのカフェも行くのですが、どこかの街で複数のカフェを同時に見かけたら必ずと言っていいほどスターバックスに行きます。

みなさんはそんな状況では、どかに行きますか?スタバとタリーズがあったら、どっちを選びますか?

もちろん、たまーに好きな感じの個人経営のカフェがあったらその限りではありませんが…

なんとなく気に入っていると言われればそれまでなのですが、そんな気持ちにさせてしまうスタバについて改めて考えてみました。

わかりやすいように、数あるカフェの中でもライバルと呼び声の高い、タリーズコーヒー(TULLY’S COFFEE)とスターバックスコーヒー(Starbucks Coffee)を比較してみましょう。

PR

スターバックスの接客に関する安定感は飲食業界随一

はじめに申し上げておくと、接客が素晴らしい店員さんはどこのカフェにもいます。

昔ながらのコーヒー職人くらいじゃないですかね?

サービスという意識がないのは。笑 私は好きですけどね、そういうコーヒーショップも。

スターバックスのすごいところは、その平均能力の高さですよね。逆に言えば、あれ?と思う人がいません。

もちろん能力的なところでいうと、ドリンクをちょっと作り間違えてしまったり、(多分)ちょっと作るのが遅い人ならたくさんいるでしょう。

最近だとアプリのバーコードを読み取るのがものすごい下手な店員さんも多いんですよね。

赤い光がもはやバーコードの域に入っていなかったり…

まあそんなこんなでサービスレベルの定義によっては高くなかったりもするのですが、(高いのはホテルなど)スタバの店員さんにイラついたことってほとんどなくないですか?

これがいちばんの凄さだと思うんですよね。

余計なところで不快にならないで気持ちよく入店から退店までいられる確率がもっとも高い、これがスタバだと思います。

多分、カフェに入る理由て人や状況にもよりますが、特にチェーン店に一人で入る時なんて、その空間と時間に対価を払ってる感覚がいちばん大きいと思うんですよね。

これがスタバの強さです。

接客×カスタマイズでお客さんの心を掴む

さらにその上で、接客×なにかでお客さんの心を掴むのがものすごくうまいと思うんですよね。

その代表例がカスタマイズ。

カスタマイズの多さでタリーズと比較されたりもありますが、それをコミュニケーションへ繋げるのは圧倒的にスタバがうまいし積極的ですよね。

別にカスタマイズなんて考えていないし、マニュアルにもないんでしょうがオススメされたり聞かれたりします。

それに回答することによってコミュニケーションは増えますし、お客さんの好みも割と傾向がすぐに把握できたりします。

例えば限定のフラペチーノを頼んでチョコチップ追加どう?とか言われたら、「あんま実は普段甘いの頼まなくて…嫌いではないんですけど興味で頼みました」なんて言うとするじゃないですか、そうしたらきっとすかさず、エスプレッソショット追加をオススメするかもしれません。

コーヒーなれそういえばディカフェも始めたんですよ!なんて会話に繋がるかもしれません。

些細な会話だしいらねえよとか思うかもしれませんが、多くの人はこれで自分専用の会話をしてくれてる、なんて思ってなかなか気分が良いんですよね。

カスタマイズとの掛け合わせを例に出しましたが、アプリの会話をしたり、コーヒーの種類の会話をしたり、試食のケーキの話をしたり、コミュニケーションのきっかけを作るのが異常にうまいんですよね。

これがスタバの強さだと思います。

話題づくりがうまく見栄えも良い(インスタ映え…)

これはどちらかというとタリーズが弱いだけのところはあるのですが、やっぱりスタバってインスタ映えしますよね?

なんだか新商品でたら一度は買う層多いですし、なんかインスタ本気でやってなくてもあげたくなってしまう気持ちもわかります。

うんうん。

個人的にはJK的な子達が多くいるのはちょいとうるさいのでマイナスです。

スタバは原則禁煙と振り切り、タリーズは優しめ分煙

あとはスタバはいち早く禁煙にしましたよね。一方タリーズは分煙ですが、しっかりとドアがあって別部屋なので全く関係ないです。

これで判断するとすれば、企業としてのスタンスで行き分けるということでしょうか。笑

タバコを吸わない私としては、たしかに完全分煙でも、なんとなーく禁煙の店の方が好印象は受けますね。

なんででしょうか。同志、、、?

ただ東京都はもはや分煙すらNGになるので、全国的にもどうなるか今後楽しみですね。

スタバよりもタリーズは若干高いけど、それが理由でスタバを選んでいない

なんだかタリーズのほうが数十円ずつ高かったりするんですのね。

スタバに安さを求めているわけでもないということもありますが、その数十円の差でカフェを選ぶということはないですね。

それだったら一気にドトール、もはやマクドナルドあたりまで価格をさげますね。笑

座席や空間的な居心地は店舗によるし大差ない

ここも結局店によるのですが、個人的にスタバの以上な狭さのカウンター、これだけは不満ですね。

居心地が良くてサードプレイスをうたってる割には、ここだけは絶対的に満足できる形ではないんですよね。

それでもトータルで居心地良く感じてしまうから、逆にすごいです。

それがスタバの強さですね。

タリーズも本当に大差なく、良いソファがあったり良い感じに肘掛付きの座席があったりします。

お気に入りの席があるからカフェを選ぶ、というのも無くはないですが、滅多にないことかと思います。

(この差であればのはなしですが…)

タリーズはフードで買っているけど、食べに行かない

最後によく比較される項目であるフードについても触れておきましょう。

単刀直入に…食べに行かなくないですか??

ということです。

私も好きなのでたまーにタリーズでアボカドのホットドッグ(正式名称難しい)を食べに行きますが、日常的に行く理由にはならないんですよね。

あ、これを日々食べたい層は確かにタリーズを選んでるんでしょうが…

まとめ

まとめです。スタバがすごいんです。ドリンクチケットだったり新フラペチーノだったりいろいろしますが、それ以外の部分がすごいんです。

人のチカラを感じますね。

でもこの記事、タリーズで書きました。。。

では。