【完全版】満員電車で疲れない&ストレスを最小限にする過ごし方【ストレス回避方法】

日常
PR
PR

満員電車で通勤していると、仕事が始まる前からぐったりしませんか?

極限まで早起きして満員電車を回避しようとか、テレワークはどうだとありますが、現実的じゃないなあと思っちゃいますよね。

本記事では満員電車に嫌気がさしている人へ向けて、オススメの回避方法、過ごし方をご紹介します。

PR

何はともあれポジショニングが第一

座席の前を確実に確保してください。ここまではマストです。本当にマストです。ドア付近に立つと、本当に人間の形を保てるか不安になってくるレベルで辛いですからね。

そこまで押す?そんなにまでして乗ってくる?え、そんなに押さないでくださいよ…ツライ…みたいに、人間不信的な辛さも生まれてきますからね。

最低限、乗る時点であふれ出るような電車には乗らないようにしませんか?

多分、座れるほどに通勤ラッシュを回避するには3時間とか早く行かないといけませんが、いわゆるラッシュより1時間もずらせば、さすがにそこまでの通勤ラッシュは回避できるんじゃないでしょうか。

冒頭から本当に申し訳ございませんが、そこまでの努力はすることをオススメします。

好きなことを見つけて、集中しよう

これ、本当に大切です。電車でスキルアップだなんなのって言いますが、ストレスを増大させてはなんの意味もありません。

あなたが電車という動きもあって、立っている状態でも熱中できることはなんですか?

もちろん、それがニュースであればNewsPicksでも読みましょう。(ちなみに私は割とそうです、それかブログ書いてるかTwitter見ているか…)

周りが気にならないほど集中できるものです。

何か思いつきますか?

あんまり思いつかない人のために、いくつかご提案してみます。

HuluやNetflix、Prime Videoの動画配信サービス観て過ごす

これは定番にして良い気もしますが、あんまり割合としては多くない気がしますね。

スキマ時間でなく少し長めの通勤の方にはぜひおススメです。

Huluであればドラマやバラエティも多いので、2,30分から楽しむことができます。

AbemaTVも無料で楽しめる範囲が多くておススメ

ネットTV局である、AbemaTVもなかなかオススメですよ。

こちらのライブ放送でニュースをなんとなく観たり、過去放送も結構なコンテンツが無料で観られますのでそれもおススメです。

特に特集、キャンペーン的にまとめて観られるアニメなどが用意されるので、お気に入りや気になっていた作品が出た場合だけでも、試してみるといいかもしれません。

そんなゆっくりみる時間がなければYouTube

YouTubeなんて観てるわと思うかもしれませんが、これ本当によく出来てるんですよね。

ちゃんとログインして観ていれば履歴が溜まるので、満員電車でそんな操作ができない状態でも快適です。

どんどんオススメが出るし、動画なので比較的短いコンテンツが中心ですよね。

スマホ暇つぶしにもってこいなんですよね、YouTube。

ゲームももちろんおススメだから今まで避けてた人もやってみよう

ゲーム好きな人は、今さら何をいうんだと思ってらっしゃると思います。

でも、頑なにゲームしない方もいらっしゃいますよね?

それでいて電車ではなんとなーく広告を見ていたり。それも悪くないのですが、最近のスマホゲームはよくできてますよ。

単純なクオリティももちろんですが、リテンション施策的なところであったり、ビジネス的な視点でみてかなり学ぶところが多いです。

私はソシャゲの頂点モンストにはひたすら脱帽です。

ラジオならスマホすらいじらなくて済んで快適に楽しい

ラジオも好きな人は好きですが、ラジオって何それ?美味しいの?ていう状態の方もかなり多くいらっしゃると思うんですよね。

私は中高時代に姉が福山雅治のオールナイトニッポンにハマっているのを知っていましたが、なんだか全く聴く気にすらなりませんでした。

TVですらだんだん遅れたメディアになりつつあるのに…みたいな気持ちがどこかにあったんですかね。笑

なのにですよ、今では毎週聴いているラジオが7本。

正直あんまり聴いていなくて作業BGMになってることも多いのですが、かなりの確率で電車の楽しみになっています。

賛否両論はありますが、オールナイトニッポンを試しに聴いてみてください。

ラジオってこんなもの、だけでも少しわかるかも。

いかがでしたでしょうか。

一体どんなテクニカルな回避方法を提示してくれるんだ?と思った方はすみません。

やっぱり、それ自体を避けるのはなかなか難しいんですよね。

ということで電車では他のことを熱中しましょう。

私はこれでかなり気持ちが楽になりました。

では。

PR
日常
PR
PR
Uトピア 〜ユートピア〜