ゆとのプロフィールはコチラ

日本人の働き方は異常でおかしいので自分だけでも改善する方法

複業/キャリア
PR
PR

今さら詳しくご説明するまでもありませんが、日本人の働き方、労働環境は狂ってるといっても過言ではありません。

問題点をあげたらキリがないですし、原因を探っても根本的な解決は難しいかと思います。

そこで今回は、働き方や労働環境を大きく変えなくとも、心の持ちようで少しでも状況を改善した、私の経験をお伝えします。

PR
PR

残業が残業じゃない?定時という概念が浸透しないという問題点

私の働いていた会社は、観点によってはものすごいホワイトですが、労働時間などの労働環境という点では、かなりのブラックと言って良いような状況でした。

どういうことかというと、36協定は合ってないようなもの、定時は設定されてるが誰も帰る雰囲気はない。

ちなみに本来の定時的な感覚であってほしい、『あらもうこんな時間。そろそろ帰ろうかな』という意識が出てくるのは21時です。

この、会社全体のなんとなくある雰囲気を個人で改善するには、ちょっとパワーかかり過ぎると思いますよね。

社長がどんと動かないとなかなか難しいと思います。

ということなので、個人的な意識、考え方を変えることで、心を健康にしていこうじゃないかという話です。

とりあえず帰れるわけがない状況ですよね、どうしますか?

これ、本当にそうなんですよね。逆に帰れと言われても、帰れるような業務状況じゃないんですよね。

でも、本当にそうでしょうか。

数人などのベンチャー起業を除いてほとんどの場合、こうやるべきというフローにそっているからこそのきつさになっていませんか?

じゃあ、方法・進め方を変えようとしてみてください。

やり方から疑問を持つくせを持てば、慣習に正当に立ち向かえる

これは別に仕事に限ったことではないですが、普段から疑問を持って改善をする意識を心がけてみましょう。

あれ?これってこうやればいいんじゃない?上司に提案すればいいのです。

いやいや簡単に言うなよと思うじゃないですか。私の周りもそう言ってきましたが、正論だと本気で思っていたらアプローチするに越したことはないですよね。

ただ、たしかにうまくいくことはかなり少ないでしょう。

そう言う場合は大きなフローは変えずに、自分の中のやり方を変えて行きましょう。

アウトプットの質が変わらなければ良い

私の場合、小さなサービスを企画して、チームや外部まで使って作り上げるまでを仕事にしていました。

毎回出来上がった快感はあるのですが、アウトプットとプロセスをチームだけでなく自分の中でも整理するようにしてきたんですよね。

常に、自分の負荷とアウトプットの質のバランスを考えていました。

多分、ほとんどの若手社会人がアウトプットの質を最大化することに本気を出しているんじゃないですかね?

その仕事に求められるアウトプットの質は?

アウトプットを最大にするために、自分の負荷も最大限にしてしまって潰れたら元も子もなくないですか?

私は常に、このくらいのアウトプットだよなと言うものを擦り合わせて、それに合うコミットの仕方をしていました。

始めの段階で、上司とも擦り合わせておくんですよね。

あとは90点を取るのは普通にやれば負荷なしだけど、100店を取りに行くと負荷150%になるなんて話もざらにあります。

若手はキャパ広げてなんぼは本当だけど、少しは選択しよう

全ての仕事を全力でこなして、負荷150%で、倒れる寸前のような働き方をしていたら、大きな確率で3年目くらいまでに何かありますね。(個人的に周りをみていて)

150%で本気を出す仕事と、50%でなんとかこなすような仕事を選びましょう。

本当に、自分を守るためにオススメです。意識をするだけでも構いません

周りからみたら120%でやってるように見えたら最高です。

こんな感じで、抜くところは抜くんです。気持ちだけでも。

考えたりやり直しになりそうなところは出来る限り時短になるように

考え込む時間だったり、大きく進めてやり直しになりそうなところってありますよね。

受験とかと同じように考えてもらえれば良いのですが、考え込む時間はどのくらいまでと決めてかかりましょう。

企画系の仕事だと永遠に進まないですからね。笑

関係ない人と話してみたり、雑談ベースで周囲と話せたりすると、思いついたりもしますし。

あとはやり直しへのリスク管理、これが若手で1番大切かもしれないですね。

あー始めからやり直し。

これ、よく聞きませんか?

最後の最後にひっくり返して…とかも言いますが、それでも回避は出来ると思うんですよね。

そういう根回しが1つと、あとは案ベースの段階で資料作成に時間をかけないことですね。

目的は『自分の考えを伝えること』そのための最低限の準備を取捨選択する力も、仕事をする上で大きな力になってくると思います。

若干仕事術的なところも織り交ぜてしまいましたが、考え方次第で物事はうまく進みます。

楽観性であったり、前向きでいること。

それに論理性を組み合わせたら最高だよね、って話ですかね。笑

では。