ゆとのプロフィールはコチラ

得意だけど嫌いなことを仕事にしていたら意外とうまくいった話。

複業/キャリア
PR
PR

得意か苦手か、好きか嫌いかって、皆さんははどんな関係にありますか?

得意なことは好きですか?好きだから得意ですか?苦手だけど好きなことや、得意なことだけど好きでないことはありませんか?

本記事では得意だけど嫌いなことを仕事にしたらまあまあ辛いけどこんなもんか?って話をご紹介します。

得意だけど嫌いなことをやるべきか、苦手だけど好きなことをやるべきかなど、悩んだ時に考えるきっかけになれば嬉しいです。

PR
PR

好きだから得意、得意だから好きと自然にいかない理由

もちろん、好きで得意なことを仕事にすれば、きっとイキイキとできるでしょう。

でも、意外とそうもいかないこともありませんか?

私は結構あるんですよね。

例えばめちゃめちゃクリエイディブなこと。絵や音楽はとても大好きなんですよね。

でも、絵は絵心ない芸人そのもののレベルだし、音楽はピアノを習っていましたが決して秀でてはいませんでした。

逆に得意なのと言えばデータ分析的なところであったり、色々な調整や細かい作業。

全く好きじゃないのになんでか得意で、好きなことは秀でないという悲しさ。

これ、多分自分の性格が原因なんですよね。明らかに無い、足りない力に憧れて好きになるんですよね。

自分のタイプをわかっているからこそ、憧れちゃう性質みたいです。

なぜ好きと得意が一致しないのか、一度ゆっくり考えてみてはいかがでしょうか。

得意なのに嫌いなのはなぜ?

得意なことで嫌いなことを例であげましたが、子ども時代のなんてことない生活を振り返ってもいろいろありますね。

例えば掃除。掃除が嫌いすぎて片付けがもすごい上手くなりました。ただし、片付けも嫌いです。

あとは長距離。ただ単に競いごとがあると上位にいたがるんでしょうね。かなり得意な方ですが、あの単調な感じがどうも好きにはなれません。

私の場合は反骨精神であったり、負けず嫌いといった好き嫌いと関係ない要素が強く、上手い下手得意不得意が形成されてきてるんですね。

あなたの得意や不得意はどういう経緯で生まれていますか??

得意だけど嫌いは心には余裕を持たせてくれる

得意だけど嫌いなことは絶対しないんだとか決めつけている方がいらっしゃったら、一瞬だけ考えてみてください。

あなたが喜びを感じるのはどんな時ですか?

それが圧倒的に、好きなことをやっている時間だとすれば、好きだけど苦手なことを仕事にすべきかもしれません。

でも少なくとも私は違いました。

私は、誰かに感謝されることが1番の喜びだと感じます。

喜びを感じられることを仕事にしませんか?

好きなことで得意なことを仕事にできるのが1番だとは確かに思います。

でも、現実すぐにそうはなかなかいきませんよね?

であれば、です。

私は、なるべく得意なことを仕事にすることをおすすめします。

得意なことをやっていれば、ある程度人よりは活躍できますよね。

そうすると、だれかは喜んでくれます。

得意であればあるほど、きっと喜んでくれる人は社内社外問わず多くなるんじゃないですかね?

得意なことを伸ばし広げながら好きなことに近づけよう

得意で嫌いなことをやっていると、割と辛いこともあるかもしれません。

でも、得意なことから広げて、好きになんとかして繋げようとしてみませんか?

私は冒頭で絵が苦手と申しました。それはもう、酷いレベルです。でも、気付いたら編集者としてイラストレーターやデザイナーの方に依頼をするような仕事をしていました。

私ほど絵が苦手な人は稀ではありますが、編集に必要な力は絵の力じゃないんですよね。

例えば企画や設計(画面や紙面)、スケジュール管理やコミュニケーション能力です。

こうやって私の場合は、自分のいいと思う、思い描いたアウトプットを人の力を借りて実現しました。

こんなに綺麗に繋がることは少ないかもしれません。

でも、得意を伸ばしたり、得意を増やしたりしていけば、好きと繋がる可能性も増えてきます

しかも、得意なことで

色々な考え方があるかとは思います。

1つの経験談として、あなたの考えを刺激するエッセンスになれば幸いです。

では。