スタバアプリの機能やメリットご紹介【スターバックスコーヒー/STARBUCKS COFFEE】

トレンド
PR
PR

色々なお店がアプリを出している昨今ですが、みなさんはいくつくらいお店アプリを入れていますでしょうか。

私は飲食店で入れているアプリは、のスターバックスコーヒー(STARBUCKS)のアプリだけです。

今回はスターバックスコーヒー(STARBUCKS)のアプリをなぜ入れているのか、機能やメリットをご紹介していきます。

PR

コード決済機能がすごい

コード決済って何?

この現金主義の世の中で、コード決済を唯一自然に普及させることに成功しているお店が、スターバックスコーヒー(STARBUCKS)といっても過言ではありません。

コード決済って何?という方に一言でお伝えすると、バーコードやQRコードを読み取るまたは読み取ってもらうことにより支払うとちう手法です。

スターバックスアプリにはコード決済機能がある

スターバックスアプリの場合にはこれがアプリの目玉機能になっていて、それを使うとスターバックスカードを持ち歩かなくてよくなります。

個人的にはカードのデザインなんかも好きで集めていたタイプなのですが、意外ともうなくても受け入れられてますね。

スタバアプリでコード決済機能の設定方法

この手順については別途詳しく解説記事を作成しようかなと思っているので、軽く触れたいと思います。

以前からwebのマイスターバックス(My STARBUCKS)でカードやクレジットカード、オートチャージを設定している方は何も心配することはございません。

ログインすればもうすぐに利用可能ですからね。そうでない方は、以下のような手順が必要になります。

・カードを購入する

スターバックスの店舗で店員さんに声をかけましょう。スターバックスの店員さんはものすごい丁寧なので、心配は不要でしょう。

・スタバアプリにカードを登録するスタバアプリの左から2タブ目が、スターバックスカード、コード決済機能なんですね。スタバカードの裏面に書いてあるカード番号とPINコードを入力しましょう。

・入金するまたはオートチャージの設定をする

クレジットカードなどをアプリ上で登録することで、ツータップでもチャージができますし、オートチャージ設定も簡単にすることができます。

nanacoや楽天Edy、Suicaのオートチャージ設定がそのブランドのカードじゃないと出来ないのですが、スターバックスカードはそれに対してかなりゆるいです。

厳密に全てかはわかりかねますが、何かしらのクレジットカードを登録することでオートチャージが可能になります。

ちなみに私は、1000円未満で3000円チャージに設定しています。

コード決済機能の使い方

設定が済めばこれはもう簡単です。

アプリを起動して、左から2タブ目をタップします。

私の場合は3つ登録しちゃっているのですが、このようにカードが登録されています

ここで支払いをタップするか、支払いに使用するカード自体をタップすると、バーコードの画面が表示されます。

一応バーコードを編集していますが、こんな感じの画面になります。

これを店員さんに向けて見せれば、読み取り機で読み取ってくれるので、支払いが完了です。

多分結構快適なので、ぜひお試しください。

スターバックスリワード(STARBUCKS REWARDS)はお得?

スタバアプリを起動して一番左、1タブ目にある機能の1つが、スターバックスリワード(STARBUCKS REWARDS)というポイントプログラムです。

個人的にはスタバにお得感は求めていないのであまり気にしていないですが、利用に応じてスター(というポイント)がたまり、ある一定のスターが貯まるごとにドリンクチケットなどがもらえる仕組みということです。

こんな感じですね。

0.0 Starsが失効って非表示でいいですよね。笑

この機能もまた別途、詳細はまとめてみたいと思います。

マップはGoogleマップで良いけど機能にある

これ、いりますかね?とも思いますが近隣のスタバが表示されます。3タブ目が地図なんですね。

個人的にはGoogleマップで十分なのでこの機能は不要かなと思うんですよね。

実は一番左のタブに、最寄りのスターバックスの店舗情報は出るので、そこだけ見られれば十分にも感じます。

プロダクト紹介はそんないらないですよね?

プロダクト紹介や、お気に入りのドリンクを探そう的な機能が左から4タブ目にあります。

これらは店員さんに聞けばよくないですか?というのが個人的な意見なのですが、スターバックスは注文方法など含めて難易度が高いという話もあるので、一定数需要があるとも思います。

ここで事前準備をしっかりと行って、レジでかっこよく注文できるようにしましょう。

eGift(ギフト)が革新的

一番右のタブ(5タブ目)に、eGiftという機能があります。

これが何かというと、URL1つで友達などに500円、1000円などのドリンクチケットをプレゼントすることができる機能なんですよね。

これも詳細は別記事で解説しますが、正直決済の次にすごい機能がこのeGift(ギフト)機能だと言って間違い無いです。

色々なお祝いシーンに対応しており、クレジットカードやスターバックスカードがアプリに登録されていれば、デザインを選んでコメントを追加するだけで、プレゼントが作れます

URLが発行されるので、それをLINEなどで共有するだけで、友達はプレゼントを受け取ることができます。

利用するときはアプリのコード決済と同様ですね。URLをタップすると、メッセージなどとともにバーコードを表示できるので、ほれを店員さんに見せるだけで利用可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。スターバックスてファンが多く、個別のアプリも持っている人は多いと思います。

決済とギフトだけでも、アプリをインストールしておく価値はあると思いますね。

では。