革命のファンファーレはビジネス書?気になった言葉と感想を書いてみた。【キングコング西野さんは売り方もすごい】

レビュー
PR

ここからは”好きなことを仕事化するしか道は残されていない”時代だ。
出典: 革命のファンファーレ

これが革命のファンファーレの冒頭で語られる言葉です。どう感じますか?ワクワクしますか?それとも批判的な感情が芽生えましたか? どちらを感じていても、この本は楽しんで読めると思います。

今回はお笑い芸人であるキングコング西野さんが書いた「革命のファンファーレ」という本について、「これってそもそもビジネス書なの?」という疑問から実際に読んでみた感想、そして特徴的な販売戦略までご紹介していきたいと思います。

PR

革命のファンファーレはビジネス書?

インターネットにより距離や時間が無くなった。
当然、距離や時間に結びついていたいくつかの仕事も無くなる。
物の売り方が変わり、働き方が変わり、お金の意味が変わり、常識が変わり、道徳が変わっていく。

出典: 革命のファンファーレ

この本は、このように変化が超高速回転の現代で西野さんが1年間活動してきたことを、成功と失敗を数字を交えて記されています。全ての成功と失敗には理由があります。そしてそれは、数字で物語られます。

実際に体験した成功と失敗、そしてその理由を振り返りながら、「今後僕らは、どのように身を振っていけば、この大変革の時代の動きを捉えることができるのか」

出典: 革命のファンファーレ

このように、「現代をどう生きるか」というテーマに対して、西野さんの経験を交えて考えていくような本になっています。そしてその西野さんの経験というものが、恐ろしいほどの戦略的でありチャレンジングな経験なので、きっとふわっとしたことが書いてある自己啓発本などとは異なり、じゃあ実際にどうしていくのかまで考えやすい本になっています。

内容としてはタイトルにもあるように、どうマネタイズしていくか、どう売っていくかという視点が強いですね。もちろんエクセルのマクロ・関数みたいな本に比べたら業務直結性はかなり低いですが、れっきとしたビジネス書と言えるでしょう。

売れっ子お笑い芸人、人の心をどう掴むかという感性がすごいなと1ページ1ページ感じた1冊でした。

革命のファンファーレを実際に読んでみた感想

軽く感想にも触れてしまっていますが、改めて革命のファンファーレを読んだ感想を書いていきます。

全体を通しての感想

やはり西野さんは芸人だと感じました。批判的な意味は全くありません。第一にどう考えても面白い生き方をしていて、体験そのものが魅力的です。そしてやはり人の心を動かす天才ですね。

そういう意味で自己啓発本とはちがうなあと感じるんですよね。じゃあなんだということでモヤモヤしていたところがあったのですが、帯の前田裕二さんの言葉にしっくりきました。革命のファンファーレっていう本は、生きるための実践書なんですよね。

もちろん、今の仕事に直結することは少ない。でもこれからどう生きていくか、どう考えていくべきかという観点でとても学びが多い。そして何より、私が数多く読んだ書籍の中で最も、「さあやろう!」と思わされたんですよね。

革命のファンファーレで革命かよと感じた言葉を書き出してみる

言葉は書き出しますが内容はある程度モヤっとさせて、あくまで私の感じたところを記していきますね。これから読もうと思っている人も、読んだ上で考えを整理したい人にもみていただきたいです。

ちなみにこれは目次のワードだけでなく、本文中に散っている言葉でも気になったものは含んでいます。笑

人が行動する時の動機は常に「確認作業」

まずこれですね。内容を前編インターネットで無料公開をしたえんとつ町のプペルなどで証明されていましたが、確かにこれってそうらしいんですよね。例えば近年注目されているVR技術が、旅行(観光)分野で普及しつつあります。どう使われているかと言うと、旅行候補先の観光スポットを、店舗で体験してしまうんですよね。ゲーム的なアトラクションではなく、かなりリアリティを持った状態での体験。

でも、これにより成約率がアップするんですって。つまり、VRで疑似体験したものを、実際に体験したくなるんですよね。それが人の自然な心理らしいです。これが、確認作業ですね。

こうやって本に限ったことではなく、一般化して考えられることなんですよね、確認作業って。

ちなみにVRについてゲーム以外のビジネス利用の可能性について、以下の記事でも書いていますので、ご興味ある方はぜひ。

VRのビジネス活用の可能性と事例、そして展望を妄想してみた。
2016年がVR元年と言われていますが、最近にやってやっとVRのビジネス活用の事例が増えてきました。本記事では様々な業界でのVR活用事例のご紹介と、今後のVR活用の展望を考えてみました。

マネタイズのタイミングを後ろにズラしているだけ

マネタイズがネックになって事業が成り立たないってよく聞きますよね。言葉だけみてこれもおやおやと思いました。が、これも無料公開の件で書かれていました。基本中の基本で当たり前といったら当たり前なのですが、こんな言葉も印象的でした。

現代でモノを売るなら、当然、現代人の動きを読まなければならない。

出典: 革命のファンファーレ

正直、いいサービスだなあと思っていたのに無くなる事業を大学生くらいの時によくみてきました。マネタイズでしくっているんですよね。いいサービスだからこそ生き残れる、になってほしいですよね。

人の動きを読み、先読みし、売り方を設計する必要があるんですよね。そして行動パターンって言うのは超高速で変わっているので、それに合わせていかないといけないと言うことですね。

お客さんは、お金を持っていないわけではなく、お金を出す「キッカケ」がないだけだ

本の中では、普通の本屋で本を買うのとネットで本を買うことは本質的にさほど変わんねえよと言う内容が取り上げられています。人はどんな時にお金を出すのか。お金を出しやすいシーンとはどのような時なのか。一例でお土産や目の前の人を喜ばせる話がありますが、もちろん人がお金を出すのはその時だけではありません。

ここを真剣に探っていけば、どこでどのように売れば良いかが見えてくるんでしょうね。

次の時代を撮るのは「信用持ち」だ。

現代のお金の力について語られている章の言葉です。お金を持つ人間が力を持っているわけではないらしいです。理由はお金から信用は得ることはできないが、信用をお金に変えることができる時代だからとのこと。つまり、信用こそが現代の力なんですよね。

踏み出す勇気はいらない。必要なのは「情報」だけだ。

勇気のせいにしてはいけない。
今、あなたが行動できていない理由は、あなたが情報収集をサボっているせいだ。
努力だ、圧倒的努力。これに尽きる。

出典: 革命のファンファーレ

圧倒的努力ができることが才能だとも思うんですけどね、確かにそうかなと思う部分もあります。常識に屈しないだけの裏付けのある情報を持つこと、これが行動の源であり、勇気なんかじゃないんですね。

本を売るための施策が目から鱗のビジネス

本の中でも触れられているのですが、革命のファンファーレや魔法のコンパス、えんとつ町のプペルをどう売っていくか、というところ自体がもう目から鱗のビジネスになっているんですよね。

詳しくは本の中でということで、簡単にご紹介します。

ブログなどで一部公開することでもっと読みたくなる仕掛け

絵本は全編公開して、この革命のファンファーレは時折ブログやツイッターでネタバレを行なっていました。私はこれがなんのネタなのかわからず拝見していたのですが、ふとしたタイミングでこれが次の本の内容の一部とわかりました。するとやっぱり、不思議なもので買ってみたい!と思うんですよね。

断片的な情報で心を動かされているんですよね。

これは世のアプリやWebサービスを考えても、同じようなフレームで仕掛けているものはパッとは思いつかないです。単純に一部の情報を隠して、このあとは会員登録ないしは有料会員専用、みたいなコミュニケーションがよくある形であり王道になっています。

なんかうまく適応できないか妄想してみたいですね。

お土産戦略で本を買う理由の根本から変えている

これが目から鱗でしたね。私は先にこの情報をみてしまったので、絶対買わないぞと強い気持ちを持って、えんとつ町のプペル展に行きました。いや本当に、やっぱり買いたくなりましたよ。なんでなんでしょうかね。やっぱり、形に残るからでしょうかね。

えんとつ町のプペル展で輝く絵をみたときは、本当に圧倒的な衝撃でした。記憶に強く残っています。これをどう未来に残していくのか。心のどこかでそんな気持ちが働くんですかね。

ちなみにえんとつ町のプペルは後日買いました。(その場で買わないぞと言う戦いだったので)

革命のファンファーレ 現代のお金と広告 [ 西野亮廣 ]

価格:1,500円
(2018/7/6 11:27時点)
感想(24件)

いかがでしたでしょうか。

実践的な自己啓発本っていう側面もありつつ、お金や広告について考えさせられる1冊でした。

数値と言うものを多く語っていた印象ですが、やっぱり根本は心理なんですよね。

では。