VRのビジネス活用の可能性と事例、そして展望を妄想してみた。

トレンド
PR
PR

FintechやAIと同レベルかそれ以上に私が今後気になっているのが、VRの可能性です。コストで考えるとかなり資金が潤沢な領域でまずは入ってきている印象ではありますが、近い将来は生活に根付くであろうVRについて今回は考えてみたいと思います。

2016年がVR元年と言われていますが、最近にやってやっとVRのビジネス活用の事例が増えてきました。本記事では様々な業界でのVR活用事例のご紹介と、今後のVR活用の展望を考えてみました。

PR

VRとは

「VRとは何ですか?」と聞かれて、即答できる人はまだまだ案外少ないと思います。

直訳するとVRは「virtual reality(バーチャル=リアリティ)」の略と出てきます。また、百科事典では「コンピュータ・モデルとシミュレーション技術を用いて、コンピュータでつくられた三次元空間を視覚その他の感覚を通じ疑似体験できるようにしたもの」というような説明が出てきます。これが仮想現実と言われているものですね。

では、仮想現実とは一体何なのか。仮装の現実…これを自分ごととしてしっくりと納得しているような人は多分ほとんどいないのではないでしょうか。私自身、これは仮想現実だ・・・というよりは何か「VR」だ。のように割り切って見ている部分がどうしてもありますね。なんていうんでしょうか。

没入しようと意思をもって没入する、というレベル感が現在のVRだからですかね。

そういうレベルで十分なVRの活用法もありますし、さらなる没入感こそが価値になるVRの活用法もあると思います。どちらかに絞る必要もないので、合わせて考えていきたいと思います。

VRがなぜ魅力的なのか

VRなどの最新技術って、それだけでワクワクしますよね。でも、なんとなく興味を持っていてもなかなか自分ごとにできる人は少ないと思います。

VRって、コストパフォーマンスを無視すれば、無限の可能性があると思うんですよね。エンタメ、ブランディング、マーケティング、多岐にわたって活用が期待されます。ただ、現状だとちょっと採算が合わないということなんですよね。

今後まずはコスパが合うものから普及していき、人の意識へVRが浸透して言って、VRヘッドセットなどのハードもだんだんと安くなっていくと、採算が合う領域も増えていくんだと思うんですよね。

あっち系から普及する最新技術

高額でも成り立つビジネスなんでしょうね。2017年にオープンしたSOD VRはとても話題になりましたよね。何かというと、VRで見るんです。初めはそこでしか体験できなかったようですが、1年ほどたった現在ですと街で見かける個室ビデオ店が揃ってVRに対応しているような状況です。スピード感ありますよね、本当に。

多分これで個室ビデオ店自体に初めて行ったような方も多くいるのではないでしょうか。つまりVRで新規顧客開拓に成功しているんですよね。お客さんはもちろんそんなことを意識せずに興味関心で行っているのでしょうが。

街灯の看板でしか集客をしていなさそうな個室ビデオ店ですが、VRを初めてからはWebが起点となる来店も増えているんじゃないですかね。例えば「VR 池袋 個室」と検索するとガンガンに宝●24が出てきます。

すでに割と普及しているVRのご紹介

ゲームとエンタメ系の動画はイメージしやすいかと思うので、それ以外で割と普及が進んでいるものをピックアップしてご紹介していきたいと思います。

不動産VRなどの空間情報

VRは不動産、飲食店、結婚式場などですでに普及しつつあるのです。VRによってお客様の得られる情報がより現実に近いものになるので、それ自体が大きな価値になりますよね。それ自体が価値になる以外にも、Webからの予約数が増えることであったり、不動産であれば内覧の数が減るなどの業務効率化方面でも役立っているそうです。

業務効率化といえばUIPathなどのAI技術に注目が集まっていますが、VRもそんな観点で活躍することがあるとは新鮮な発見でした。

旅行会社のVRでより行きたくなる

1つ目と類似ではありますが、旅行。旅行の目玉スポットをVRで体験するようなサービスが主ですね。人って不思議なもので、VRで体験をすると、それを実際に体験したくなるらしいんですよね。

またもちろん、VRでの旅行体験自体をサービスにする場合もあります。おばあちゃんだけ行けなかった家族旅行でも、家族の視点をVRでリアルタイムで共有なんかできれば、おばあちゃんは家にいてもその旅行体験ができると行った感じで。

ちなみにこれって結婚式とかでもできますよね。おじいちゃんおばあちゃんを招待したいけどなかなか難しい・・・なんて時にVRであれば、病院で入院中でも娘の花嫁姿を特等席でみているような体験をすることができます。

研修をVRでエンタメ化

ケンタッキーの話なのですが、“調理するまで出られない”をテーマにしてVR研修を行なっています。動画のリンクはコチラ

話題性をうんでプロモーション効果をも狙っているかと思うのですが、とても成功している事例です。プロモーションでありつつも従業員トレーニングソフトにしっかりなっているらしいです。ちなみにこのVRトレーニングを使うと、キッチンで25分かかるトレーニングをたった10分で終えらるとのことです。

こんな感じに、VRでもやはりコンテンツのクオリティはかなり大切なんですよね。ただ空間を共有するものではないVRも、今後期待ですね。お勉強系のものでもそうですが、そのままでは退屈なコンテンツをVRを活用することで圧倒的に面白くしたり、演出で魅了したり、価値のあげ方も色々な方法があります。

ちなみにこの「KFC The Hard Way」はOculus Storeにいけば無料でGETできるらしいですよ。

医療などの高度・危険系の研修もVRで実現

ここでご紹介したかったのは高度な技術トレーニングや危険なトレーニングにVRを活用することだったのですが、どうやら医療のVRはかなり広範囲で応用されているらしいので、印象的な記事をご紹介します。

【医療×VR】VRは医療の何を変えたのか?

医療教育においてはVRの人体解剖など、環境や設備が整っていないと体験できないようなこともVRで学ぶことができます。さらに普通の研修では無理であろうこともできて、例えばVRで手術体験をすることもできます。(動画はコチラ

ご紹介した記事によると、このような高度なテクニックがいるような体験をVRで行うという観点だけでなく、患者向けにもVRが使えるでないかという話がされています。例えばトラウマやPTSDの克服ですね。

戦地でのトラウマ克服であったり、高所恐怖症の克服などがご紹介されています。(動画はコチラ

こういった医師向けに活用するだけでなく患者側に適用するような観点は、他の業界でも何かできないか注目ですね。

あとは高所恐怖症的な●●恐怖症系はすぐに展開できそうですね。そこまでの恐怖症じゃないにしても例えば、大人数の前での発表練習なんかもすぐにできそうです。笑

スポーツVRで練習もできちゃう

NFLが審判のトレーニングにVRを活用

これは「審判」向けのプログラムなのですが、NFLやメジャーリーグでは選手向けにもVRが取り入れられつつあります。やはり試合ほどの緊迫感や瞬時の判断が必要な状態を練習で作るのはなかなか難しいですよね。VRによってそこをうまく再現しているらしいです。試合中に起きる特定の状況を何度でも繰り返し練習することができ、弱点の克服や判断スピードの向上に繋がるということですね。

個人的に期待しているVRの活用可能性

すでに少しやられている部分ももちろんあるので完全オリジナルではないですが、色々妄想してみました。

VRフィットネスでジムでの運動を単調じゃなくできる

想像をした後に検索をしてみたら、既にありました・・・(本当ですよ) 福岡の 株式会社 ドリームフィットという会社ではフィットネスジムなのですが、がっつりとVRを導入しているようです。

私はスポーツが大好きなのですが、体を鍛えることが好きなわけじゃないんですよね。どうしてもジムでやるトレーニングって筋トレやランニンングって単調だし、プログラムの方はなんだか女性向けだし、なかなか好きになれないんで、健康のためにたまーにやっているっていう感じです。

こういうフィットネスにVRを導入すれば、単調じゃないエキサイティングなコンテンツでトレーニングを楽しめると思いませんか? 妄想でしかないですが、なかなか魅力的なような気がします。

もしかしたらスポーツが楽しいのは共にスポーツをする仲間がいることだとすると、同時に他ジムと仮想空間を共有するなども必要かもしれませんが。

学校紹介をVRで

これも一部やっているのをみたことがあるのですが、まだまだ普及されている感じではないですよね。神奈川工科大学では全国で行う進学相談会?なるものでVRを導入したらしく、なかなか面白いことをやっているなと思いました。

これが静止画ベースなのか動画ベースなのかはわからなかったのですが、オープンキャンパスの良さってやっぱりその大学の学生がイキイキとしている姿がみられるところであったり、模擬授業だったりすると思うんですよね。

大学の学生が案内している風にするとか、過去の模擬授業をVRで体験するとか。。。。 色々できそうですよね。

地方の学生がオープンキャンパスにもっと行きなくなることにつなげたり、そうでなくてもVRで体験できたら素晴らしいですよね。

科学館やイベントの過去開催分を集客ツールに

美術館のアーカイブなどでも少しずつ利用されているようなのですが、科学館や博物館なども含めて、期間限定で行うような展示が多いですよね。そういうタイプの施設はどんどんVRを使うと絶対集客になりますよね。

実際の現場でもVRコーナーを作ってもいいくらいだと思います。

キーワードは「共有」「共感」では?

VRの良さは「没入感」とよく言いますが、没入感と言われてもあまり価値がわからなくないですか? VRでできる体験ってやっぱり今までにない圧倒的な体験なんですよね。 よくインターネットで距離や時間の壁を無くしたと言いますが、それを圧倒的に価値を高められるのがVRっていうイメージを持っています。

まとめ

個人的にいつか仕事でも絡んで行きたいVRについて書いてみました。VRが日常に浸透するまではもう少し時間がかかるかと思うのですが、その動向には注目ですね。

では。