ビックカメラでPCバッテリーなどの充電式電池を廃棄・回収してもらえる。【廃棄方法に困った】

日常
PR
PR

調べてみるとどうやらビックカメラに限った話では無いみたいなのですが、多くの家電量販店でPCバッテリーなどの充電式電池を回収してくれるらしいです。

一人暮らしを始めて間もないと、料理洗濯掃除などの家事はもちろんですが、ゴミ捨てのサイクルもなかなか大敵だった覚えがあります。

燃えるゴミ、ペットボトルなどの種別毎に曜日を覚えることもままならないような感じだったのですが、2年近く経った後に電池を捨てる機会があったんですね。

ノートパソコンのバッテリーがパンパンで、キーボードも満足に打てないような状態でした。笑

PR
PR

充電式電池やPCバッテリーは電池の日で廃棄できる

私の住んでる自治体がちょっと特殊だったのかこれが普通なのかわからないのですが、普通のゴミの管轄と、リサイクル系?の管轄が違うらしく、自治体のホームページをみてもよくわからないような状態でした。

なんだよこれどうすれば良いんだよ、と思った矢先、他のゴミを捨てるときにゴミ捨て場に行くと、自治体のホームページには載っていなかった分別まで、詳しく載っていました。

こういうのはまだまだアナログなんですね。笑

どうやらふつーに捨てられるようでしたが、当時なにを思ったかもう少し調べてみました。

そのときに見つけたんですよね、ビックカメラの充電式電池の廃棄・回収。

なぜビックカメラで充電式電池の廃棄・回収を行っているのか

充電式電池は希少な金属から作られている

ビックカメラのホームページを見てみると、色々な種類の充電式電池の廃棄・回収をしてくれるみたいですね。

ビックカメラ公式HP

どうやらこの充電式電池に用いられているニカド、ニッケル、リチウムイオンなどがなかやか希少な物質らしいですね。

皆さんも中学生のときに理科で電池の実験をしたかもしれません。問題としてはなかなか厄介だったかもしれませんね。笑

充電式電池の廃棄・回収をCSRの一環として社会貢献をアピール

もちろん自治体関連でも回収をしていますが、ビックカメラのようなビックな企業が店頭でリサイクルボックスを置くことで、電池のリサイクルをちゃんと知るきっかけになる人もいるかもしれません。

ビックカメラの充電式電池リサイクル実績

そういうCSR活動なんでしょうね。リンク先を見てみると、やはりURLのパスがCSR配下になっています。

リサイクル団体が民間としても充電式電池のリサイクルを推進している

よく見てみると、一般社団法人 JBRC という団体がこのリサイクルを進めていて、ビックカメラはそこからの感謝状をもらっていることがわかりますね。

充電式電池のメーカーや使用しているメーカー、輸入事業者などが会員企業となり、活動されているようです。

充電式電池の原料は輸入に頼っている

これは余談ではありますが、なぜリサイクルをするかというところの観点では重要なことですね。

リンク先でもさらっと書いてありますが、こういうところをメッセージとしてフォーカスすると、電化製品などに疎いような人もよりリサイクルへ積極的になるキッカケになるかもしれません。

では。