LINE Pay(LINEペイ)が使えるコンビニはどこ?コンビニ決済で使えれば大活用することをオススメ!

キャッシュレス
PR

LINEのプリペイドカードの2%還元が2018年5月末で終了したことが話題になりましたね。
そのLINE Pay社が今後力を入れて行きたいのが、バーコード決済や送金サービスのLINE Payです。

今回はLINE Pay(LINEペイ)はどのコンビニで使えるのか、お伝えいたします。

人気記事:【お得な特典】でもPayPayはしばらく使わないと決めた理由【ソフトバンク・ヤフーの合弁会社PayPay】

人気記事:PayPayやLINE PayのQRコード決済アプリを極限までお得に使う裏ワザ

PR

LINE Pay(LINEペイ)が使えるコンビニはどこ?

2018年6月現在、LINE Pay(LINEペイ)が使えるコンビニはLOWSON(ローソン)のみ!

〜2018年12月7日追記〜

12月現在、大手コンビニエンスストアはローソンに加えて、ファミリーマートでもLINE Payが使えるようになりました。リリースを見る限り、楽天ペイをはじめ諸々対応されているようですね。

また、ミニストップも2018年12月17日からLINE Payをはじめとした色々なQRコード決済に対応するようです。

どのQRコード決済アプリも、どこのコンビニでも使える未来はそう遠くなさそうですね。

関連記事:PayPayやLINE PayのQRコード決済アプリを極限までお得に使う裏ワザ

——————————–

大手コンビニエンスストアのなかで、LINE Pay(LINEペイ)が既に使えるコンビニはLOWSON(ローソン)のみです。
実は競合に当たる楽天Pay(楽天ペイ)の導入もLOWSON(ローソン)だけとなっている状況です。

おそらくLOWSON(ローソン)に一括で入っているレジが、セブンイレブンやファミリーマートに比べて容易だったのでしょう。

Pontaポイントがある中でもいち早く導入を決めているのは、何故なのでしょうかね。
購買履歴データをローソンも持てるようなやり方なんですかね?

セブンイレブンはアプリを大幅アップデート!しかしコード決済はなし

セブンイレブンは2018年6月にアプリを大幅にアップデートを行いました。
個人的には少しバーコード決済を期待しましたが、特に事前告知もなかったこともありやはりそんなものはありませんでした。

おそらく数ヶ月後に独自のコード決済を導入すると同時に、
LINE Pay(LINEペイ)などの他社製のコード決済を導入するイメージでしょうかね。

あくまで予想の範囲ではありますが、決済はどうしても自社データで持っておきたいというのが正直なところです。
nanacoである程度成功しているセブンイレブンだからこそ、安易に他社の決済を先行して導入することはできないのでしょうかね。

ファミリーマートの決済は、Tマネーを推してい来そう

ファミリーマートはご存知の通り、Tカードとズブズブですね。
昔々、2004年とかでしょうか。私が中学生の時はLOWSON(ローソン)がTカードだったのが懐かしいですね・・・

まあそれは置いておきまして、Tカードをマーケティングの柱にしているファミリーマートです。
TカードはTSUTAYAのカードでしょ?Tポイントカードでしょ?というイメージで、正直あまり支払いに使うイメージは浸透していないと思います。

また、ファミマTカードのクレジットなども、あまりオススメできるカードではないですよね。

ということで、きっとファミリーマートもTカードを運営しているCCCマーケティングも、決済に関しては大いに検討しているでしょうし、時間の問題でサービスが出てくるでしょう。

Tカード系のコード決済も出て来たら、もう乱立しすぎてわけがわかりませんね。乱立はしますが、きっとそうなればLINE Payも使えるでしょう。

と思っていたら、ちょうどファミリーマートでもLINE Payや楽天Payが一斉に使えるようになりましたね。残るはセブンイレブンのみ…といった状況になってきましたね。

LINE Pay(LINEペイ)が使える店舗の今後の展望

おそらくすぐに楽天Pay(楽天ペイ)が使える店ではすぐに利用可能になるでしょう。
絶対的に導入ハードルが低いですからね。技術的にも店員さんのオペレーションハードルを考えても。

その後でいわゆる電子マネーを導入しているような店舗が一斉に導入を進めるでしょう。
そのタイミングと合わせて期待したいのが、クレジットカードすら導入していないような店舗でのコード決済導入です。

これを推進できたようなコード決済業者が、このコード決済で勝つ可能性がグッと上がりますね。

まとめ

数年前にポイントカードアプリが乱立しましたが、人が常時ダウンロードしておくアプリの中にそんな膨大なポイントカードアプリを入れるわけがありません。
きっと近い将来に、コード決済でも似たような現象が起こることになるでしょう。

主要なコード決済アプリ1つ(または2つ)、クレジットカードをVISAとJCBもつのように。
そしてスターバックスコーヒーのように嗜好性が高い店のコード決済アプリいくつかを併用するような人
が増えていくでしょう。

そしてそのメインとなるコード決済が、LINE Payになる可能性が高いのではないだろうか。
なぜなら既に最も使う「頻度」が高いであろうLINEというコミュニケーションアプリがあるから。


そして、きっとそのLINEというアプリは、非常にスマホの中で起動しやすい位置にあるはずです。

決済の頻度の高さを考えると、圧倒的にLINEにまとめるのが強いのです。

では。

〜2018年12月7日追記〜

大資本、SoftbankのPayPayがご存知のようにものすごい資金を投入してお得なキャンペーンをやっていますね。PayPayについてや展望についてはこちらでご紹介しています。

人気記事:【お得な特典】でもPayPayはしばらく使わないと決めた理由【ソフトバンク・ヤフーの合弁会社PayPay】

人気記事:PayPayやLINE PayのQRコード決済アプリを極限までお得に使う裏ワザ