マネーフォワードでのSuica連携が途切れる場合の対処法

キャッシュレス
PR
PR

人気の家計簿アプリのマネーフォワードですが、色々な金融機関との連携が豊富で嬉しいですよね。

私は普段マネーフォワードを使っていて困ることはほとんどないのですが、ApplePayでSuicaを登録すると、初めて困難に直面しました。

途切れる。接続が途切れる。接続が毎回途切れてしまうでないか。

毎回ログインしなければならない・・・?

これは面倒だ。Suicaを使用することをやめようかと思ったくらいでした。でもこれ、実は対処法があるのです。

今回はマネーフォワードでSuicaの連携が毎回途切れてしまう問題の対処法を、そして、マネーフォワード連携でのSuicaオススメの使い方をお伝えします。

PR
PR

マネーフォワードでSuicaの連携が途切れる原因はモバイルSuicaでの連携

原因は、モバイルSuicaです。モバイルSuicaとしてマネーフォワードにログインして連携すると、毎回ログインをしなければ更新が走りません
※理由は知りません・・・

ということで、別の方法で連携をすればいいのです。そんな方法があるの?

あるんです。それでは、見て行きましょう。

JR EAST IDを登録すれば連携が途切れなくなる?

モバイルSuicaとしての連携ではなく、一手間かけることで、接続が途切れる問題を解消できます。

モバイルSuicaのアプリとJR EAST IDは紐づけられるので完全に個別のものという訳ではないのですが、そこまで登録を二重でする必要があります。

厳密には、JR EAST IDを使って利用するサービスの1つにモバイルSuicaがあるが、ApplePayなどでSuica登録して自然と進めると、モバイルSuicaに登録して進んでしまうということなのです。

関連;JR EAST のHP

ちなみに、JR EAST IDを登録しておくとVIEW Suicaカードやそのポイント、えきねっとなどが同一IDで利用可能になります。

まあそんなに重要ではないかと思うので、マネーフォワードとSuicaの連携が途切れないようにするためにだけ、登録しましょう。

モバイルSuicaを利用していて、オートチャージをしていないのは超絶勿体無いので、ぜひVIEW Suicaカードを作って快適Suicaライフを。

Suicaの連携が途切れなくなっても、分類がうまくいかない?

Suicaがマネーフォワードにうまく連携されても、Suicaをメインに色々な買い物をしてきた人にとってはちょっと連携が賢くなくて面倒になるかもしれません。

どういうことかというと、全ての買い物は物販という名称で食費カテゴリになり、改札を通ったものは交通に加算されていきます。

つまり、たまにドラッグストアで買い物をしたりと、普段と異なる行動をしてしまうと、いちいち手動で分類を調整していく必要が出てくるのです。

嫌ですよね?ということで私からのご提案です。

Suicaでの買い物は少額の飲食費、など限定的にしてしまうのです。なんでも良いのですが、買い物頻度が多くて少額なのって、飲食費ですよね。

私は具体的には、自動販売機、駅の購買(Kioskなど)、コンビニでの買い物をSuicaで統一しています。他をやめてしまっても、感覚的にはSuicaばっかり使ってますね。

その上で、もう少し大きな買い物はデビットカードプリペイドカード、さらに大きな買い物はクレジットカードのように分類していくとわかりやすいです。

Suicaをすでにお持ちなのであれば、Suicaのクレジットカード「ビュースイカカード」を使ってみるのはいかがでしょうか。

ビュー・スイカカードのお申し込みはコチラ

別にSuica支払い以外をSuicaにこだわりがあるわけでないのであれば、やっぱり楽天カードがお得なので、1つ持っておいて損はないですね。私は楽天カードは2番手のカードとして重宝しています。(マスターカードのメイン)

楽天カードのお申し込みはコチラ

ぜひ一人一人にあった形でうまく決済方法を使い分け、キャッシュレスそして家計簿自動連携でノンストレスなマネーライフを送ってください。

ちなみに1番のオススメはLINE Payというサービスです。

では。