【まとめ】TOEICのリスニングを200点→400点超まで伸ばした勉強法と教材

英語
PR

TOEICのリスニングって、なかなか厄介ですよね。私はただなんとなくずっと英語を聞く習慣をつけていたのに全く伸びなくて苦労していたのですが、今回ご紹介するようなやり方を試したところ150点のスコアアップが実現できました。

今回は私がTOEICリスニングパートを200点から400点超(440点)までスコアを伸ばした勉強法とオススメ教材をご紹介します。リスニングが250点で半分しか取れないよ・・・300点の壁が越えられない・・・そんな方向けですね。

正直、TOEICのスコアアップには英語力の向上だけでなく、TOEICテストへの対策スキルの向上が近道です。

もちろんしっかりと英語力だけを伸ばすことで、TOEIC800点台後半くらいまでは伸びると言われています。

しかしそれでもそれ以上にはTOEIC特有の傾向・出題形式への慣れが必要なのです。また、そこまでの高得点を狙う方でなくても、ある期限までにスコアをあげたいなどといったシーンは数多くあると思います。

つまり就職や転職、大学院試験、昇進のためなどある期限までに効率よくスコアをあげなければならない方が特に、今回の記事がオススメです。

本記事ではリスニング力自体の向上とTOEICスキルを向上させるコツをお伝えいたします。各勉強のコツには、上述したような英語力をシンプルに向上させる観点と、TOEIC用としての観点が含まれています。

検索上位にきている記事なども、そんなの当たり前だろと感じるものも多いのではないでしょうか。本記事では、1つ1つの音を聞き取る、1つ1つの単語を正しく聞き取る、英語の文章を正しく聞き取るなど、そこが難しいんだよ…と言う部分はなるべく排除して説明します。

PR

(前提)リスニングパートはほとんど聴き取れないことを認識する

この記事の勉強法のターゲットは、リーディングパートは読めているが半分以上はかんで答えないといけないレベル、リスニングはお手上げで1時間暇。みたいな方です。

つまり、日本の英語教育で出来上がるべくして出来上がった、ある程度他の勉強はできるが英語は苦手と言うような人です。ちなみに私が典型的なそのタイプでした。

正直初めの頃はTOEICの2時間は苦痛でしかなく、なぜ他の人がこれができるのかすら全く理解できませんでした。リスニングのテスト中はただただぼーっとするしかなく、
リーディングは読めているつもりなのになぜか選択肢を絞れない。

屈辱wwww

共感していただける方は意外と多いのではないでしょうか。そしてそんな方のスコアアップのキッカケになると思っています。

TOEICリスニングパートが解けない理由を考えて整理する

まずはなぜ解けていないのか。

それを表面的な丸ばつから、深掘って行きましょう。おそらく、聴き取れていないから解けていないんだよと言いたいかと思うのですが、本当にそうでしょうか。私の場合は、違いましたね。では、この質問に答えてみてください。

「あなたはリスニングではなく音読で、リスニングの音声と同じスピードで問題を読み進めて正解できますか?」

・・・はい、私は音読をしてでも、内容が全く頭に入ってきませんでした。そうです、もはや我々は、本質的にリスニングへ臨むステージへ上がっていないのです。

この場合にはまず、TOEIC教材よりもさらに初歩的な英語の文章を読む練習をしてみてください。リスニングをメインにしても、リーディングをメインにしても構いません。

私は簡単な単語でゆっくり読んでくれる1・2分程度のリスニング教材を用いて、基本単語を覚えつつ、簡単な文章であれば読んだまま前から英語を理解できるようにしていきました。その時使用していた教材が、以下の究極の英語リスニングです。

以上は私の場合の「解けない理由」です。

他にも可能性としては、(オーバーラップもしますが)

  • 基礎的な単語を知らない
  • 文法を理解していない
  • 問題の背景を理解していない(日本語で出題されても回答できない)

など色々あると思います。

絶望するのではなく、一度なぜ問題が解けないのか分解して整理してみることをオススメします。

TOEICのリスニング音声が聴き取れていない理由を考える

さて、私の1つ目の問題が解消されたあとで、やっとリスニングの問題に取りかかれます。なんで聴き取れていないんだ?ということ。

英語力がある程度ついてきた私が今思い返せば、しっかりとリスニングとリーディングをバランスよく伸ばしていくべき、とは頭では思っています。しかしほとんどの方は、リーディング>>>>>>リスニングと言う状態が高校卒業の状態ではないでしょうか。

そんな人には、(しょうがないので)まずは最低限のリーディングレベルには引き上げたのちに、リスニング力を向上させる方が効率が良いというわけです。

さて、リスニングの音声スピードで音読したら内容がわかる状態になった私ですが、まだまだリスニングはできません。全くと言っていいほどできません。

その理由を考えていきましょう。

本当の英語の音を知らないということの重大さに理解していなかった

まずは、「リスニングの音声と自分の音読の音声を比べてみてください。」

私は驚くべきほど違いました。と言うより別物です。でも、今まで中学高校と勉強してきた中では気にならなかったのです。そして、その違いに自分でも気付いていたのです。違うなんて明らかだし当たり前じゃないかと。

いやでも、それってやばくないですか?

正しい音を知らないのに聴き取れるわけないですよね。と言うのが英語学習の正統派の意見なんです。

これは本当です。そして、400点を超えても、これは本当です。これが本当に、重くのしかかってきました。

私は400点を超えてからも、正しい音声は実感を持っては知らないままでした。

つまり、TOEICレベルであれば、正しい発音を知らなくても点を取ることは可能です。これはどうやら、インプットした音声を知っている単語から高速にサーチして、頭の中で文章にして理解しているらしいです。

脳内で高速変換!!!!!している事実

はい、むしろ高度なことをしているらしいです。英語ができる方から言わせると、正しい音声をしっかり習得して聴き取れるようになる方がはるかに簡単らしいのですが、私には無理だと思っていました。

発音の本なんてみてもよくわからないしできる気がしないのです。あの謎の口の動きをみながら英語をひたすら聴くなんて苦痛でしかない・・・!

それに比べてTOEICのリスニングなど、テストになると勉強にもまるばつがつきます。まるばつなどがしっかりついた方がモチベーションが上がるのです。

これに同意できる方はオススメできるのですが、そうでない方や時間を急いでいない方はぜひ発音からしっかり学び直してください。

高速変換しないで正しく英語の発音を学ぶ

英語の発音を学ぶのにオススメなのはやはり英語耳ですよね。私もこの400点が取れるようになった数年後、440点以上にあげようと思った時に活用しました。

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

松澤喜好
1,728円(12/18 22:41時点)
発売日: 2010/08/12
Amazonの情報を掲載しています

高速変換でもTOEICのレベルであれば解けるようになる!

正統派の学びはここまでにして、今回お伝えしたいのは以下です。使用する教材は、また究極の英語リスニングです。

これを正しい用途であるリスニングとして利用して、聴き取れない単語を1つもなくなるように聴きこみます。ただし、なんども繰り返しますがこれでは正しく英語力を伸ばしているわけではありません。あくまでTOEICのスピードまでの範囲で、理解できるレベルに持ってくのです。

私のやり方は、以下です。

1 英文をみながら聴き取る ×10回以上
2 日本語訳を見ながら聴き取る ×10回以上
3 本を見ないで聴き取る 10回以上
4 改めて英文を見ながら聴き取り、聴き取れてない単語をマーカーで塗りつぶす。
5 マーカーで塗りつぶした部分を含めて全て聴き取れるようになるまで繰り返し聴く

これを本一冊完璧にやれば、おそらくTOEICで得点することができるリスニング力はついているでしょう。

もちろん、リスニングに用いる本はご自分にあった本で構いません。ですが、TOEICレベルより低く、色々なテーマを扱っている本がいいと思います。

TOEICの形式へのリスニング対策を考える

リスニング力が究極の英語リスニングがほぼ完璧になると、おそらくリスニングのスコアはかなり自然にも伸びると思います。この時点で私の場合は、300点〜350点が取れるようになり、むしろリーディングより高得点を叩き出すまでになりました

ですが、この英語力のままでもTOEIC対策をしっかりすれば、英語の実力はそのままに400点まで伸ばすことができます。各パートのコツの詳細は、対策教材には確実に書かれているので割愛しますが、おおよそ以下のようなイメージです。

基本はわからなかった時の回答ですが、系統を理解するためにも知っている必要があります。

Part1

特徴的な動きをしている人(モノ)や全体を表している内容での正解が多い

Part2

ひねった回答が正解が多い

Part3,4

パターンは限られています。
日本語でシーンを全て書き出せるくらいに覚えてしまいましょう。

少ない教材で繰り返し習得することがTOEICリスニング400点突破へ近道

これ、英語力全般の向上のように聞こえるかもしれませんが、バリバリにTOEIC専門対策です。

私は別記事でも紹介した、TOEICテスト 究極のゼミを全パート分購入して、模試以外、書籍での学習は全てこれをしていました。

その記事はコチラ。

【TOEIC L&Rテスト究極のゼミ】500点未満から700点台後半までUPさせた教材の活用方法【TOEIC対策*第1期】
この教材はTOEIC スコア UP 指導の第一人者が執筆しており,シリーズを全て揃えれば全パートの対策が可能となっております。 このシリーズ累計50万部をも突破している人気のTOEIC教材を使ってTOEICスコアを大幅に上昇させた体験から,本教材活用メリットをお伝えします。

1つのシリーズがあれば、TOEICの世界観や出題パターン、TOEICの出題者が好む傾向がわかってきます。

英語を伸ばそうと言う観点と合わせて、常にTOEICの出題者の気持ちを考えましょう。

リスニングの書籍教材と並行して、TOEIC対策アプリでトドメをさす!

書籍を用いて席に座ってどっしりと勉強するだけだと、やっぱり息が詰まったりもしますよね。併用する教材としてオススメなのが、スタディサプリENGLISHと言うアプリです。

特にリスニングパート3やパート4の勉強としてはとても魅力的です。 台本をみながらやったり、スピードを調整したり、色々なパターンで問題を解くことができます。中でも一番オススメの機能が、文章をタップするとその文章を読んでくれるんですよね。つまり、聴き取れない文章を1文だけひたすら聴くことができるのです。  究極の英語リスニングのCDでもできないですし、他のTOEIC対策アプリでも1トラックの中のどの1文を読ませる、と言うのはなかなかない機能です。

徹底して聴き取れないところを繰り返せる、と言うので重宝していました。



通勤中・通学中でもずっとTOEICのリスニング問題を聴き続ける

1冊を徹底的にやりましょうと言うことも申し上げましたが、それはもはや移動中でも徹底しましょう。私の場合は移動中は全て音楽鑑賞からTOEICリスニング鑑賞に切り替えました。

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

これによってやはりTOEICのテンポや出題のテーマ、全てが頭に染み付いてきます。アプリでの学習と合わせて、書籍で一度学んだところの復習もオススメです。

これは、一度机に向かって学習したところが流れるようにプレイリストなどで調整しましょう。聴き取れなければ学習がなんだったんだと言う話で、繰り返しやるしかありません。

そして、聴き取れると意外と気持ちいいものですよ。一度やったところであっても、英語を英語のまま理解している気分に慣れて、モチベーションUPに繋がります。

空港、イベント、会議など、様々なシーンで使われる英語はもちろん、TOEICでの話の流れが体に染み付くまで聞きましょう。

いかがでしたでしょうか。
英語力を正しく伸ばしていくことがゴールが英語を使いこなすであれば最短ですが、
どうしても600点、800点などTOEICスコアの目標が先行する場合には、
TOEICの対策をうまくすることを掛け合わせて行う必要があります。

ぜひ、うまくTOEICの特徴を捉えて、
高得点をとってください。

ちなみに、これを自分でやるのはなかなか酷だ・・・と感じた方には、RIZAPのように強制的に英語力を伸ばせる、パーソナルコーチのサービスもあります。

もうひとりで頑張らない。TOEICオンラインコーチスタディサプリENGLISH

何が何でもスコアアップなんだ!と言う方は是非。

では。