【楽天Pay(楽天ペイ)】楽天ペイの特徴や使える店から,どんな人にオススメか考えてみた【アプリ・バーコード決済】

キャッシュレス
PR
PR

以前からLINE Pay(LINEペイ)を私は2018年に流行るんではないだろうかとお伝えしてきましたが,そのライバルの筆頭であろう楽天ペイについてもまとめてみたいと思います。

ちなみに以前LINE Payについて書いた記事はコチラ。

LINE Payとは?LINEならではのメリットを解説【良いことだらけです】
いよいよLINEが「スマートフォン」のお財布になるべく,ウォレットタブを追加して本気を出してきましたね。正直私のようなミーハーユーザー以外は,え?何これ。といった反応が多いと思います。今回はこのタブをうまく使いこなす方法をお伝えします。

楽天ペイと一口にいっても厳密には店舗側のカード決済の機械やオンラインショップで楽天IDを用いて決済する方法などもあるのですが,
今回は実店舗でのアプリ決済(バーコード決済)についてフォーカスしてお伝えします。

PR

楽天Pay(楽天ペイ)とは

楽天Pay(楽天ペイ)とは店舗でスマホのアプリを使って決済する方法です。iOSかAndroidどちらでも楽天Pay(楽天ペイ)のアプリをダウンロードして,
クレジットカードを登録しておくと、決済時にアプリを起動して支払うことができます。
そして利用に応じて楽天スーパーポイントが付与されます。

楽天Pay(楽天ペイ)がオススメな人とは

新しいもの大好き。ガジェット好き。

正直まだまだ主流になるにはまだまだというバーコード決済です。
ただ,アプリを差し出して初めて決済を完了した時の感動は,
中学生の時に初めてSuicaを使用して改札を通過した時くらいの感動でした。
気持ちいいです。

iPhone XやAmazon Echo,Google Homeを買っちゃうような人は,
ぜひ試してみていただけると嬉しいです。
きっと気にいると思います。

ちなみにUI・UX的な意味でも,
気持ちいいです。
これは現状LINE Payより気持ちいですね。

楽天大好き。ポイント大好き。

楽天カードを楽天Pay(楽天ペイ)に登録して使用すると,
楽天スーパーポイントが二重で獲得できます。

2018年5月現在だと,
楽天Pay(楽天ペイ):200円で1ポイント
さらに,
楽天カード:100円で1ポイント
となっており,
実質1.5%還元となっています。

メインに使っているコンビニはローソン。ローソン大好き

大手コンビニチェーンの中だと,現状はローソンでしか楽天Payは使用できません。
普段からローソンを利用していている方は,
楽天Payでの支払いを検討しても良いと思います。

さらに,Pontaポイントがたまるカードであるリクルートカードなどをお持ちであれば,
楽天ポイントの二重獲得のように,
リクルートカードでPontaポイントを二重獲得できます。

オススメ活用法

  • Pontaカードでポイントを獲得
  • 楽天Pay(楽天ペイ)にリクルートカード(Visa)を登録
  • 楽天Pay(楽天ペイ)で支払い
  • ぜひお試しください。

    加盟店(使える店)でめちゃめちゃ使うお店がある

    ローソン以外にも,
    大きいところだとワタミ系や紳士服のAOKI,ネットカフェの自遊空間などが楽天Pay(楽天ペイ)に対応しています。

    コンビニ的によく行くようなお店でもし楽天Pay(楽天ペイ)対応しているのであれば,
    活用しない手はありません。

    楽天Pay(楽天ペイ)が使えるお店

    公式HPでは以下のリンクのように対応店舗が記載されているのですが,
    正直優先順位もなく掲載しており,多いのか少ないのか,自分のよく使う店が多いのか少ないのかもよくわかりません。

    使えるお店

    ということで有名どころを抜粋すると例えば以下のような店があります。

  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • ローソンストア100
  • 和民
  • ミライザカ
  • 隠れ菴 忍家
  • 自遊空間
  • AOKI
  • URBAN RESEARCH
  • SENSE OF PLACE
  • ANAP

    ちなみに自分で公式HPから検索するときは,
    よく使う店のジャンルでみてみるとみやすいです。
    年1回しか使わないような店が対応していたところで,
    意味ないですよね?

    ちなみに私の場合はそれは例えば飲食店のFRIDAYSでした。笑

    スーパー,ドラッグストア,コンビニあたりでよく使う店があると,楽天Pay(楽天ペイ)を試す強い動機になるんですがね・・・

    楽天Pay(楽天ペイ)に登録できるカード

    楽天ペイではVISA、MasterCard、楽天カードのみ登録できます。

    つまり現状ですと,全ての店が楽天ペイに対応したとしても,
    JCBカードをメインに使っているような場合はカードを持ち歩かなくてはなりません。
    きっとJCBも交渉中と信じてます。

    すべての楽天カード、およびその他のVisa、Mastercardがご利用いただけます。
    楽天カード以外が発行したJCBカード、American Express、Diners Club、Discoverなどはお使いいただけません。

    ※Visa、Mastercardであっても、一部のカード会社では楽天ペイの利用ができない可能性がございます。正しいセキュリティーコードを入力しても下記のようなエラーが表示される場合は、他のカードを登録していただくか、お使いのカード会社にお問い合わせください。
    エラーコード:DC0002 「有効な対象のクレジットカードが登録されていません」
    引用元:利用できるクレジットカードの種類は何ですか?

    ネット上に質問などがあったので触れておくと,
    楽天Pay(楽天ペイ)に登録するカードはデビットカードでも構いません
    ただしJCBはクレジットですら未対応なので,国際ブランドですと「Visaデビットカード」のみ対応となります。

    ちなみにデビットカードってCMで近年みるがなんぞや,という方はこちらをご覧ください。

    楽天Pay(楽天ペイ)はキャンペーンに参加するとよりお得

    楽天サービスをよく利用される方はおわかりかとは思うのですが,
    楽天はキャンペーンが大好きです。

    色々な条件のもと,参加できるキャンペーンです。
    参加すると,色々な箇所からメールが届いたりします。笑
    でも,ポイントはすごくたくさんくれます。

    そういった条件が不快でなければ,
    ぜひキャンペーンも活用してみましょう。

    楽天ペイ キャンペーン

    楽天Pay(楽天ペイ)は支払いは楽だがまだ店員に浸透しきっていない

    楽天Payだけの話ではないですが,
    非常に簡単な決済のはずなのに,
    店員さんが手こずる分,
    「Suicaよりは遅いが現金よりは早い」
    くらいのスピード感が現状です。

    あと1年くらいたてばきっと,
    対応店舗ではスムーズに支払いができるようになると信じています。

    楽天Pay(楽天ペイ)はクレジットカードをアプリ内にまとめられる

    楽天Pay(楽天ペイ)だけの話ではなく,
    ApplePayなどのその他のモバイル決済,バーコード決済,アプリ決済というものがしっかりと普及すれば,
    カードを持ち歩くような時代は終わるでしょう。

    近年でちょうど,
    ポイントカード関連が一気にアプリ化されたのを感じてきたのではないでしょうか。
    これが次の流れできっと,決済まで及んでくると思っています。

    いかがでしたでしょうか。

    2018年はきっとアプリ決済,バーコード決済が一気に浸透する年になる気がしています。
    導入期はどんなサービスでも,
    ポイント還元やキャンペーンが充実しています。

    人より少し早めに試してみることで,
    お得にお買い物をしてしまいましょう。

    では。