プリペイドカードとは?国際ブランドのプリペイドカードのメリットと比較

キャッシュレス
PR
PR

デビットカードも近年CMなどの露出が多くなりましたが,
同様に発行が急増しているのが国際ブランド付きプリペイドカードです。

例としてau WALLET・dカードプリペイド・LINE Payカードなどがあります。

今回はそんなプリペイドカードは誰にオススメなのか。
国際ブランド付きプリペイドカード内の比較というより,
現金やクレジットと比較してどうなのかをお伝えしていきます。

PR
PR

各決済方法の比較表

各決済方法との比較を行っていきます。
ただし電子マネーはSuicaや楽天Edyなどで,
iDは特殊で後払いなので割愛していたりしているので,
あくまで代表的なものとしてみてください。
(他にもデビットカードは16歳からのカードも,など)

また,表のスペース的に省いていますが,
プリペイドは「国際ブランド付きプリペイドカード」
のことを示しています。

決済審査年齢お店方法
現金ほぼ全て紙幣と硬貨
電子マネー各電子マネーの加盟店タッチ決済
クレジット18歳以上(高校生不可)各ブランドの加盟店リーダー
デビット15歳以上(中学生不可)各ブランドの加盟店リーダー
プリペイド12歳以上各ブランドの加盟店リーダー
【デビットカードとは?】デビットカードのメリット・使いこなし方【デビットカードはクレジットカードではなく現金と比較しよう】
デビットカードは銀行口座を財布にします!簡潔な解説からその使いこなし方法まで,丁寧にお伝えします。クレジットのポイント還元率と比較するのではなく,現金と比較しましょう。

こちらでデビットカードについてもまとめています。
ぜひご覧ください。

国際ブランド付きプリペイドカードのメリットとデメリット

実はプリペイドカードとデビットカードのメリットデメリットは,
とても重なる部分が多いです。

ポイントとしては,
ポイント還元率です。

メリット

プリペイドカードは,
「デビットカードのATMが財布同然」とは少しニュアンスが異なり,
やはり「かさばらないかつポイントがつくお金」
という意味合いが強いかと思います。

ポイントをうまく貯められる

やはりプリペイドカードは,
クレジットカードとうまく併用することがカギです。

プリペイドカードの良さは,
・ポイント還元率の良いカード(以前のLINE Payカードは還元率2%),
・クレジットカードからのチャージでのポイント2重獲得でお得,
と言ったところが強いです。

やはりここがデビットカードとの違いです。

家計簿アプリとの連携でマネー管理が容易

家計簿アプリはかなり普及してきていますが,
使用していますか?

アナログにこだわる意味もないと思うので,
お金の流れをぜひ可視化してください。

家計簿アプリなら色々な観点での分析やグラフが一目でわかります。

レシート撮影が大好きという癖を持った人でなければ,
現金よりも容易というのは明らかでしょう。

ATMの手数料がかからなくなる

これは大きいです。
上述したように日本には異常な数のATMがあり,
現金を手に入れることがとても容易です。

ということもあり,
手数料に目をつむっている方も意外にも多いのではないでしょうか。

デビットを使い出せば,
おそらく特殊な環境でなければほとんどATMを使うことがなくなるでしょう。

ATMの行列なんていうばかばかしいものから解放されます。

かさばらない

これは少額の現金を持っているだけでも,
支払いが非常に下手な場合はかさばるかもしれないですが・・・

きっと減ります! 数万とか財布に入っていることがほとんどありません。

ドヤれる

カードで。(デビットカードと同様に,店員さんは知らないことも多いです)

クレジットですか? と聞かれても,
「はい」と答えましょう。(デビットカードと同様に,店員さんは知らないことも多いです)

そして,署名はイニシャルなどで短く済ませましょう。

これ,大事なポイントです。(そして実際ずるではなくOKです)
長々とフルネームを漢字で書いていたら,現金よりむしろ面倒になりますよね?

2文字でささっと店員さんに返しましょう。

カードの署名はイニシャルなどで一瞬で書けるものにすることがポイント

中学生も使える

デビットカードで年齢が少し下がると申しましたが,
プリペイドはさらに下がります。

お小遣いを直接現金をあげなくとも,子供にお小遣いをあげることができます。
そして何にどのくらい使ったか把握することができます。

使える場所がめちゃくちゃ多い

もちろん,どの国際ブランドのカードが使えるかは,
店によりますが。

審査なしがほとんど

先払いで,子供も使えますからね。

デメリット

オートチャージにしなければ手間はかかる

つまり,オートチャージにしましょうということです。

ただし各プリペイドカードは,オートチャージできるカードが
限られています。
(楽天Edyは楽天カードのように。)

オートチャージでポイント二重獲得狙いであれば,
多少の手間(とは言っても1,2タップ程度)
をかけてでも,やる価値はありますね。

サービス内容が変わってしまうことがある

クレジットカードでも起きうることですが,
比較的試行錯誤段階のプリペイドの方が,
サービス変更は多くある感じは受けています。

最近ですとLINE Payカードの還元率2%が終了と告知がありました。
おそらく,バーコード決済へうまく移行するようにメリットもそちらに
移していきたいのでしょう。

LINE Payカードの還元率をある程度下げ(1%など),
バーコード決済に2%みたいな感じでしょうか。

LINE Payについては以下で解説しています。

LINE Payとは?LINEならではのメリットを解説【良いことだらけです】
いよいよLINEが「スマートフォン」のお財布になるべく,ウォレットタブを追加して本気を出してきましたね。正直私のようなミーハーユーザー以外は,え?何これ。といった反応が多いと思います。今回はこのタブをうまく使いこなす方法をお伝えします。

まとめ

・クレジットカードも嫌いじゃないが,少額決済でクレジットは少し,という人にオススメ
・デビットカードでポイント還元率が低い人にオススメ
・署名はイニシャルなどで一瞬で書けるものにしましょう

いかがでしたでしょうか。
これだけ書いといて,やはり私の理想はプリペイドでもデビットでもなく,
バーコード決済です。

カードすら持ちたくないですからね。

以上,プリペイドカードについてまとめて見ました。

では。