Skype英会話(オンライン英会話)を試してみた!誰にオススメ?【DMM英会話】

英語
PR

こんにちは。
少し記事の順番としては前後してしまうのですが,
結構な数で言い方は悪いですが乱立している
オンライン英会話について書いていきます。

私はTOEIC800点を突破してから,
初めての英会話としてDMM英会話をはじめました。
なぜDMM英会話を選んだか,というお話は別の記事で
また書いていきたいと思います。

今回はオンライン英会話サービス自体の特徴から,
どんな実例が出るのか,そしてどんなかたにオススメできるサービスなのか,
そんなところをお伝えできればと思っています。

ちなみにはじめて半年になりますが,
難しい表現はできないですが意思疎通は問題ないといっても過言でないレベルまできています。

PR

オンライン英会話とは

主にSkype(無料通話ソフト)を利用して、Web上で英会話レッスンを受けることができるサービスです。

安価,柔軟な予約システム,マルチデバイス対応など,
従来の教室型のサービスとは一線を画する形でユーザを伸ばしてきました。

オンライン英会話のメリット

とにかく安い

とにかく安いのは間違いないです。
教室型とは,比較するまでもありません。
安ければ安いほど,一見良いですよね。

毎日レッスンが受けられるところが多い

安くても上達しないのであれば意味がないですよね。
多くのオンラインレッスン講座では,
日々会話をすることができる講座がとても多いです。

いかに習慣的に英語に触れる機会を作れるか,
これが上達への大きな鍵ですよね。

ただ,日々受けられるレッスン時間が短いのが
オンライン英会話です。

どこでもレッスンを受けられる

急な用事で家までたどり着けない・・・
そんな時も大丈夫です。
スタバやマクドナルドなど,
晒し者になって良ければ受講場所は問いません。

マンツーマンレッスンなので地蔵タイムはない

マンツーマンでのレッスンのため,
話さないと進みません。
聞かないと進みません。
聞き直さないと進んでもわかりません。

もっとゆっくり!
そこもう1回言って?

など,すぐに上達というよりはまずはなんとかコミュニケーションが取れる,
まで伸ばしやすい環境がオンライン英会話にはある気がします。

色々な先生のレッスンが受けられる

敢えてプラスの方にこちらを記載しました。
もちろん,逆を言うといい先生が見つかっても,なかなか運がよくないと
またすぐにレッスンを受けることは難しいです。

しかし,英語を使う対象は一人ではないですよね?
色々な人の英語を聞き取らなくてはなりません。

そういった意味で,偏った,もしくは素晴らしい発音の
英語のみで学ぶよりいいのではないかと思っています。

そしてさらに,ノンネイティブの先生が基本です。
こちらも敢えてプラスにしています。

あなたがコミュニケーションをとりたいのは,
バリバリのネイティブスピーカーですか?
少なくともまず自分が目指すべきはそこではなく,
ノンネイティブで流暢に話せるような人材だと思います。

オンライン英会話のデメリット

メリットで記載したものを自らでよく考え,自分にとってマイナスだ
と言うものがデメリットでもあるのでしょう。

オンライン英会話が向いている人

結局,どんな人がオンライン英会話をやるべきなの?全員?
と言われれば,少なくとも全員ではないでしょう。

オンライン英会話を続けることができて,
しっかりと上達することができる人が,
オンライン英会話が向いている人だと思います。

それはどんな人かと言うと,以下のような人です。

自発的にレッスンに参加できる人

画面上で行われることもあり,
やはり対面よりは空気感がつかめません。
積極的に自分を出していくようなタイプでないと,
毎回表面的な話をしてレッスンが終わってしまう可能性があります。

継続力に自信がある人

1番大事なことと言って過言でないでしょう。
ある種,通信教育的な側面があるのがオンライン英会話です。

レッスン自体はインタラクティブなのですが,
教材が綿密ではなかったり,
レッスンも気軽に予約できると同時に気軽にキャンセルができてしまいます。
そしてさらに,バックレることすらできてしまうのです。

しっかりと勉強時間を確保して,
レッスンを継続して受けられる力。
これがとても大事になってきます。

計画が立てられる人

英会話の能力と関係なく,
学習の計画をしっかりと立てられる必要があります。
その力が自分にある,
もしくは家族や友人にそこはサポートしてもらえる。
そういう必要があると思います。

課題がわかる人

勉強の計画と同様です。

英会話と一口に言っても,
リスニングなのか,発音なのか,
リスニングのために発音が必要なのか,
スピーキングのために発音が必要なのか,
長く喋る力が必要なのか,
すぐ反応できる力を伸ばさないといけないのか,
本当に多岐にわたると思います。

それらを期間ごとに正確に目標設定ができて,
計画に落とし込める力が,
その力が自分にある,
もしくは家族や友人にそこはサポートしてもらえる。
そういう必要があると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ただただ毎日數十分英語に触れる習慣を持つだけでも,
だいぶ力にはなるというのが実際のところだと思います。

しかし効率的に,であったり,
圧倒的に成長する,というところが目標になってくるのだとすれば,
上述のようなスキルを持っている,またはサポート体制がある人が,
うまくオンライン英会話を使いこなせると思います。

オンライン英会話ではよく,
初回無料レッスンがあります。

色々試して自分にあってそうなものを利用してみてはいかがでしょうか。

では。